代謝 膵臓

膵臓の病気の種類は外分泌細胞と内分泌細胞の両方ある|知らないと気をつけにくい

投稿日:

膵臓の病気の種類

膵臓の病気の種類

先日、急にお腹に激痛が走り、立てなくなり、救急車を呼びました。診断は急性すい炎でしたが、膵臓の病気にかかった経験がないので、膵臓にはどんな病気の種類があるのか知っておきたいので教えてください。

というお悩みをこの記事で解決していきます。

わたしは内分泌腺から分泌されるホルモンを中心に触覚刺激を与え、体質を根本から改善する目的で実施するパーソナルトレーナーのtakです。

急性すい炎で病院に運ばれてみたいですが、その病気を経験した女性に聞くと、お腹の痛みが激痛で動けなくなり、嘔吐しておそろしく思ったと言ってました。

急性すい炎にかかると顔面にむくみがおそろしいほど現れ、何もできなくなるのです。

膵臓は三大栄養素の消化酵素を分泌する栄養摂取には欠かせない臓器ですので、膵臓に負担がかかる生活習慣は今すぐやめることです。

この記事で紹介する膵臓の病気の種類は誰もがかかってしまうリスクを背負いながら生きています。

1日1箱以上喫煙する、毎日缶ビール2杯以上飲酒する、などが思いあたるなら、改善するようにしてもらいたいです。

この記事を読んでわかること

  • 膵臓の病気の種類が分かりやすく知ることができる
  • 急性すい炎、慢性すい炎などの病気があるのがわかる
  • 膵臓には外分泌細胞と内分泌細胞の病気があるのがわかる

膵臓は東洋医学でも五臓六腑に入っていない存在が知られていない臓器。
現代医学で画像解析できてから膵臓が背面の脊柱のそばにあるのがわかり、膵臓は三大栄養素のすべての消化酵素が分泌される生きるために欠かせません。

東洋医学で膵臓の存在がなくても成立した理由がありました。
それは今ほど喫煙や飲酒などの健康を阻害し消化器に負担かける手段もなかったから膵臓を壊さなかったのです。
膵臓から痛みを生むのは、戦後以降の西洋の食文化が入ってからなのです。

この記事を読んでわかること

  • 喫煙や飲酒がやめられず、お腹まわりに脂肪が増えてきている人
  • 間食がやめられず、糖質がないとムズムズしてどうしようもない人

知らないと気づかないうちに悪化する膵臓の病気の種類

外分泌細胞の病気

急性すい炎

慢性すい炎

すい石症

すい臓がん

すい管内乳頭粘液液性腫瘍(IPMN)

内分泌細胞の病気

すい性糖尿病(1型糖尿病・2型糖尿病)

まとめ:膵臓の病気の種類は炎症からがんまで死にいたることも

膵臓の病気の種類をこの記事でご紹介したのは、

  • 急性すい炎
  • 慢性すい炎
  • すい石症
  • すい臓がん
  • すい管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)
  • すい性糖尿病(1型糖尿病・2型糖尿病)

です。

膵臓は三大栄養素の消化酵素が分泌される生きるために欠かせない臓器ですが、生活習慣である喫煙、飲酒などに強くストレスを受けます。

病気ががんにまで悪化すると、手術する範囲が胃、十二指腸、胆のう、胆管、肝臓などの広範囲に及ぶことがあります。

膵臓の部位によっては、手術後消化酵素が分泌ができなくなると、肝臓や腎臓に残された栄養素が血液内に残存し細胞を破壊します。

膵臓の病気が見つかる前に、喫煙や飲酒を控えるようにし、健康を取り戻す修正をしていきましょう。

キーワード:膵臓 病気 種類
タイトル:膵臓の病気の種類は外分泌細胞と内分泌細胞の両方ある|知らないと気をつけにくい

  • この記事を書いた人

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-代謝, 膵臓

Copyright© 40代女性専門 出張パーソナルトレーナーtakのブログ。大阪・東京で活動。40代女性をコアから代謝アップ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.