セロトニン ホルモンバランス

セロトニン過剰な分泌で頭痛が起こる理由は人間関係によるストレス|心の疲れが生む耐え難い痛み

投稿日:

人間関係の疲れでストレスになると頭痛が起こる

人間関係の疲れでストレスになると頭痛が起こる

慢性的な頭痛があって、頭痛が出ると一週間ぐらい続き、仕事に影響だ出ています。左側に頭痛が出るので、片頭痛です。セロトニンが過剰になると頭痛が起こると聞きましたが、本当なのでしょうか?1ヶ月に2回ぐらい頭痛に悩まされているので、原因を教えてもらいたいです。

このような「セロトニン過剰で起こる頭痛」のお悩みをこの記事では解説します。

私は大阪を中心に女性限定で自宅出張スタイルでパーソナルトレーニングを実施するトレーナーのtakです。

働き方のスタイルが多様化し、人間関係が年々複雑になっています。人間関係は良くも悪くも仕事には欠かせないものだし、自己成長させる機会ではありますが、どちらにしても心にストレスがかかります。

仕事や家族の人間関係に心が疲れると頭痛が現われてくる症状があります。

私も片側だけ感じる片頭痛に悩まされた経験がありますので、逃げられない頭痛の辛さがとても良く分かります。
頭痛が起こるとすぐになくなるわけでなくひどい方は3日ぐらい続くので、日常生活のパフォーマンスが落ちてしまいます。

しかし、特に人間関係によるストレスをコントロールすれば、頭痛は起こらなくなります。

この記事では、ストレスで起こる頭痛の原因を考えていきます。
ストレスでセロトニンが過剰になり、血管拡張によって頭痛が現われるメカニズムを解説します。

なぜストレスで頭痛が現われるのかを理解することで、認知行動が修正され、頭痛を脳内でコントロールさせられます。抱えている不快感は原因が分からないほど症状が悪化する傾向があるのです。

この記事は見るだけで、脳内の認知が自分に気づきを与えるような文章構成で書いていますので、ストレスなく理解できますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

この記事を読んで分かること

  • 人間関係のストレスが頭痛を生んでいる
  • ストレスを抑制するセロトニン分泌過剰が頭痛の原因
  • セロトニン過剰は血管を収縮させた後拡張するときに頭痛が起こる

【 セロトニン過剰分泌 】人間関係の疲れでストレスになると頭痛が起こる(悩み)

頭痛の原因はストレスでセロトニンが過剰

頭痛の原因はストレスでセロトニンが過剰

人間関係の疲れでストレスを感じると、1ヶ月に2回ぐらい頭が締め付けられるような強くて鋭い痛みの頭痛を抱えている女性が4人に1人がいます。

慢性的な頭痛を医学的に片頭痛(へんずつう)と言われます。頭痛全体の推定統計人数では3000万人いるとされ、そのうち片頭痛を抱えるのは80%の840万人です。これだけの人数が頭痛を抱えている現状があります。

夢を追うあなた
頭痛は何らかの神経が現状って思ってたけど、血管も関わってるんだね
tak
頭痛は、最初は血管で、ひどくなると神経も痛みを引き起こす要因となります

頭痛を引き起こす原因はさまざまな要因があると考えられていますが、人間関係で生まれる心の疲れからのストレスが頭痛につながりやすいという実感があります。

上記に書きましたが、頭痛を抱える人は推定3000万人で、片頭痛だと840万人。
このうち、女性は男性の10倍の片頭痛を抱えています。

男性は頭痛を抱えているのはあまり聞きませんが、女性の80%は頭痛経験者です。

女性は成長期にかけてホルモンバランスが大きく変化し、身体が成熟していくため、ストレスに敏感です。
体内の環境の変化が大きい人ほど内部環境でのストレスは外界環境から受ける人間関係よりストレスは強い作用があります。

そのような体内状況にプラスして、女性の人間関係は男性社会より複雑に構成されています。
女性は直感的に、仲間を作り小さなエリアで共同生活をするという習性が他の哺乳類を見ても分かるように、存在します。

頭痛が男性にあまりなく女性に特に多いのが、体内も外界もそれだけ自己として適応するにはストレスを乗り越える必要があります。

頭痛は人間関係で自然の生まれるお互いのエネルギーの共有で摩擦が起きることでのストレスからきているのです。

頭痛の原因はストレスに反応したセロトニン過剰(解決)

頭痛はセロトニン過剰で起こる

頭痛はセロトニン過剰で起こる

脳に異常があるのかと思われる強い頭痛の原因は、ストレスによって反応したセロトニンが過剰分泌しています。

あなたが慢性的に起きている頭痛は、ストレスから体内の組織を守るためにセロトニン分泌が急激に増えることによって起きています。

夢を追うあなた
セロトニンって癒しの物質なのに頭痛の原因だんて意外だった
tak
セロトニンはトリプトファンというアミノ酸。たんぱく質できているので、セロトニンが増え過ぎると組織を壊していく場合もあるんです

頭痛は頭蓋骨の表層か深層で感じますので、脳領域に強い痛みを感じると脳に何か異常があるのではないかと思って心配になりますよね。

頭痛の原因は、ストレスを受けて反応したセロトニン分泌量がによるのです。

セロトニンとは、脳内の脳幹と言われる部位で生成される神経伝達物質。
脳幹に10個のセロトニン神経核が存在し、そこで神経伝達が興奮状態になると、生成されたセロトニンが分泌されます。

ストレスに反応するセロトニン分泌が増えると、セロトニンには神経以外にも血管に対しても作用を起こします。

セロトニン神経で生成されたセロトニンが脳内で増えると、血液にも伝達され、血液中からもセロトニンを生成させていきます。

神経で作られたセロトニンと血液中で作られたセロトニンで、脳内のセロトニン濃度が高くなります。

セロトニンが増えると、血管の運動が急激に起こり、その変化にいって頭痛の要因となる痛みに変わってしまうのです。

セロトニンが特に人間関係で分泌量が増えるのは、哺乳類という社会性を持った特質からも来ていると推測できます。
つまり、哺乳類は小さなエリアである程度群れを作り、生きていく選択を取ります。

同種の他の生物に対してどうしても摩擦が起こり、ストレスとなるのを防ぐためにセロトニン神経は進化してきたのです。

自分自身を社会で自分の居場所を守るためにセロトニンが分泌されるような体内システムなのですが、人間社会ではよいその関係が複雑になってきていることもあって、セロトニン分泌量が早く、すぐに分泌が抑制されていくのです。

その結果、セロトニンの分泌量が急激に変化していると、脳内の組織が変化しやすいために、組織が過敏に元に戻っていうことで、脳内のストレスも関与し、痛みを強くすると考えられられます。

女性であるあなたは、幼い頃から片頭痛と向き合う時間が多かったかと思われ、生理痛と同じく軽度の頭痛でもバファリンやロキソニンが欠かせなかった人も多いです。

女性特有の体内の変化と人間関係の複雑にとって、セロトニン分泌量が急激に増え、その後急速にセロトニンが吸収されることかた辛い頭痛が生まれているのです。

takの出張パーソナルトレーニング
大阪堀江・新町にお住まいの方限定の出張パーソナルトレーニング

堀江・新町限定出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

takのメンタルトレーニング
takのメンタルメソッドでメンタルから改善したい女性向けのメンタルトレーニング

takのメンタルトレーニング

セロトニンが過剰分泌すると血管拡張時に頭痛(理由)

セロトニンは血管を急激に収縮

セロトニンは血管を急激に収縮

セロトニンはストレスを環境から身体や心に入ってくる圧力を知覚したストレスに反応するホルモンなどを抑えるために分泌量を増やします。

セロトニンが頭痛を引き起こすのは、ストレスで脳内のセロトニン分泌を増やすか、小腸が腸管を収縮させて脳にセロトニン運ぶかに2つです。

夢を追うあなた
セロトニンは小腸も作っているの?
tak
体内のセロトニンは腸管で95%作られているんです

ストレスが環境内で身体や心に受けると、皮膚や筋肉の感覚器(センサー)が反応するか、脳そのものが環境から目に見えない自然体で生まれる小さな運動がシンクロナイズするかで、脳内に伝達されます。

ストレスは脳内の組織全体に外圧をかけ、セロトニンが組織を保護するために分泌量が増えます。

このセロトニンがどこの組織が生成するのかを見ていきます。

セロトニンが生成されるのは、脳内の脳幹と言われる神経線維の起始と想像つかない部分ですが、小腸に壁である腸管です。

セロトニンが生成される部位

  • 脳幹の縫線核(ほうせんかく):5%
  • 小腸の腸管:90%
  • 血液中の血小板:5%

身体や心がストレスを皮膚や筋肉、脳自体の感覚器でキャッチし反応するセロトニン生成部位は、優先的に脳幹、次に腸管となります。
ただ、腸管にはセロトニンが蓄積されているというより、腸管がストレスに反応し、腸管が収縮することで脳幹に枝を伸ばす神経線維が使われます。

この神経を迷走神経求心性といい、ここから伝達された脳幹がセロトニン神経を興奮させ、セロトニンを生成するのです。

血小板での反応は脳幹が反応して血液に伝達された後に生成されます。

セロトニンが脳や腸管から分泌されると、脳内はセロトニン量がすべての組織を収縮させ、血管も収縮します。

ストレスの圧力から守るのは、反応の良さがセロトニンの長所。
例えるなら、あなたが幼い頃、母親は食事や着替え、お風呂、就寝などすべて世話をしてくれました。
あなたが泣けば、すぐに近づいてくれ、いたわってくれたように、セロトニンも親と同じく保護するのは組織を子どもを保護するような速さです。

血小板および小腸のクロム親和性細胞に含まれる。血小板から放出された5-HTは、血管平滑筋に作用し収縮をもたらす。血管平滑筋にはIP3を介するCa2+濃度上昇をもたらす受容体とcAMPの合成抑制をもたらす受容体がある。

参考文献:生理学テキスト:著 大地陸男

この文献に書かれている内容は、セロトニン神経が脳内で分泌量を急激に増えたあとに循環系が反応し血液内で起こっていくものです。

セロトニン受容体を持つ細胞がセロトニン分泌量に反応して次々に興奮させていくのです。
その結果、血管は血圧が上昇し、収縮し、頭痛を引き起こす状態となっていきます。

  • クロム親和性細胞:副腎に多い、組織学的にクロム酸染色でよく染まる細胞の総称。
  • 血管平滑筋:収縮、弛緩によって血管径の調節し、自律神経の末梢部からノルアドレナリンに反応
  • IP3:細胞内 Ca2+貯蔵庫から Ca2+を放 出するチャネル
  • cAMP:アデノシン三リン酸(ATP)から合成され、ホルモン分泌を伝達するセカンドメッセンジャー

セロトニン過剰で血管を収縮後の拡張で頭痛(説明)

人間関係のストレスを解消しセロトニン過剰分泌を抑制

人間関係のストレスを解消しセロトニン過剰分泌を抑制

実際、脳の器質的な問題意外の頭痛の原因は医学的にもそこまで分かっておらず、今のところセロトニン過剰分泌説と三叉神経を刺激して痛感を発生させる説があります。

セロトニン過剰分泌説

三叉神経を刺激して痛感を発生させる説

あと、頭痛のその他の説で最近分かってきているのが、心臓との関係があるのではという考えです。

心臓内科の文献によると、心臓の左心室と右心室を仕切る壁の「卵円孔(らんえんこう)」と言われる10mmほどの穴です。

卵円孔は、人が生まれる前の胎児期に母親から血液供給を受けるための空洞です。
この空洞が成人になっても残ったままの心臓が成人の15〜25%でいるそうで、卵円孔から静脈血に多く含まれているセロトニンが左心房に流れてしまい、そのまま脳まで運ばれて頭痛になるのです。

正常な心臓循環系とは
大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房→左心室→大動脈から全身へ

静脈血は肺を通り代謝が行なわれ、セロトニンはなくなり動脈血に変換され、全身に供給されるはずが、卵円孔を通った静脈血はセロトニンを含んだまま脳に運ばれます。

セロトニンが脳に運ばれると、血管を収縮させることによって、その後拡張するときに頭痛を生むという症例もあります。

卵円孔が残ったままなのかは通常の検査では分からないようで、特殊な心臓エコーの受診です。
大学病院だと実施しているところもあるみたいなので、頭痛が改善せず、日常生活で支障があって辛いなら、地元の神経内科で相談してみてください。

エストロゲン分泌による頭痛

排卵後から月経前に体内のエストロゲン分泌量が増えると、頭痛が起こるケースがあります。

エストロゲン分泌量が増えると、子宮周囲の血液を交感神経によって増やし、血管の収縮が行なわれます。
排卵が終わると、月経前までエストロゲン分泌量が著しく減少するので、そのときに血管収縮されていたのが拡張されます。

このときに生まれるエストロゲンによる頭痛もあります。

頭痛が起こるメカニズムは、セロトニンと同じで、血管の収縮の後の拡張時に出てきます。
生理痛がきつい症状や生理前症候群(PMS)をお持ちの女性は、エストロゲンによる頭痛を併発しやすいです。

セロトニン分泌による頭痛

セロトニンは、癒しの神経伝達物質でストレスから守ってくれる大切な物質ですが、血液成分で怪我をしたときに出血を凝固される血小板から生成されるので、血管を収縮させる働きがあります。

セロトニン過剰での頭痛はストレスコントロールで解消(具体例)

セロトニンは血管を急激に収縮させない少量で持続的に分泌させると、あなたの身体や心を守ってくれる癒し物質ですので、日頃からストレスを軽減させる心がけが必要です。

ストレスは脳が望んでいる現実世界が手に入らないときに、危険信号を脳が起動するサインですので、日常的に未来と現実世界にギャップがないようにすることです。

夢を追うあなた
セロトニンが急激に出ない方が頭痛にはならないってことだよね
tak
そうです。セロトニンは体内に必須な神経伝達物質ですが、強い働きを持ってるので、少ない量がいつも体内の分泌されている方が良いんです

まとめ:頭痛の原因はストレスに反応したセロトニン過剰

あなたが抱えている強くて鋭い痛みの頭痛は、人間関係によって環境から感じるストレスの体内を守っている反応でした。

ストレスは循環系、免疫系、神経系を体内で内側に圧縮する力でそれぞれの組織を変形させるのです。

つまり、人間関係で知覚するストレスは体内を壊しかねないため、セロトニンは組織を保護する働きによって、血小板を増やし、血管を収縮させるのです。

その結果、急激に収縮した血管はセロトニン分泌量が一時的に増えたものが減る過程で、血管が拡張していきます。

血管の収縮が急激だったため、血管には弾力性があるため、通常の血管の幅よりも拡張されていき、そのときに頭痛を引き起こす痛みを作るのです。

セロトニンはあなたをストレスから体内の組織を保護してくれますが、急激に分泌量を増やすのは、慢性的な頭痛を作るため決してよくありません。

さらにセロトニンが何度も急激に分泌されると、急に増えた量をセロトニン受容体を持つ細胞が吸収してしまう反応を生むことがあります。

この状態は、セロトニンが体内から枯渇する状態になり、うつ病の引き金に発展する可能性もあります。
ストレスを溜め込まない日常生活に修正するように心がけていきましょう。

takの出張パーソナルトレーニング
大阪堀江・新町にお住まいの方限定の出張パーソナルトレーニング

堀江・新町限定出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

takのメンタルトレーニング
takのメンタルメソッドでメンタルから改善したい女性向けのメンタルトレーニング

takのメンタルトレーニング

  • この記事を書いた人
アバター

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-セロトニン, ホルモンバランス

Copyright© Sublime(サブライム)〜40代女性のための睡眠・呼吸・ホルモン・神経専門サイト〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.