お腹の痛み 女性の病気

胃のキリキリした痛みが20日間続いた原因とは?ストレスを放置すると改善が長引く

投稿日:2020年2月23日 更新日:

キーワード:胃の痛み キリキリ 原因

前提(A):
推論(B):
結論(C):
A=B
A=C

たった1つの解答「」(Google上位検索から仮説を立てる)

上位検索の傾向
1.胃痛の原因|胃痛について(→第一三共ヘルスケア)
ー胃痛の原因
・胃痛とは?
・胃痛の痛み・どんな痛み?
:シクシク→鋭い痛みが継続
:キリキリ→鋭い痛みが走る
:ズキズキ→脈打つような痛みが絶えず続く
:キューっとする→締め付けられるような痛みを感じます
・日常生活における胃痛の主な原因とは?
:食生活→暴飲暴食→胃酸分泌が高まる→胃の粘膜が傷つく
:ストレス→自律神経の乱れ→胃酸が過剰分泌→胃の粘膜が傷つく
:ピロリ菌→ヘリコバクター・ピロリ菌の感染→胃の粘膜の粘液に住みこむ→胃の粘膜傷つく
・胃痛を伴う病気はさまざま
:急性胃炎
:慢性胃炎
:胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎
:胃十二指腸潰瘍
2.急性胃炎とは(症状・原因・治療など)(→ドクターズ・ファイル)
ー概要
・胃の粘膜のただれでみぞおちが急にキリキリ痛む
・重症の場合は吐血や下血
・広範囲なびらんを伴うものが急性胃粘膜病変(AGML)
・食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレス・アレルギー・ピロリ菌
ー原因
・生活習慣
・アルコール・たばこ・コーヒーの飲み過ぎ
ー症状
・慢性胃炎とは異なり急激に発症
・胃の不快感・膨満感・みぞおちにキリキリした痛み・嘔吐・吐き気
・アニキサスが原因なら食後1〜2時間で症状が現れる
ー検査・診断
・内科・消化器内科・胃腸内科を受診
・腹痛を生じる別の疾患と判別(虫垂炎・胃潰瘍・急性膵炎・急性胆のう炎)
・上部消化管内視鏡
ー治療
・点滴による栄養補給・胃粘膜を修復する薬の投与・胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害薬・H2阻害薬)を用いた保存療法が一般的
ー予防
3.胃痛の原因と対策|原因編(→ガストール)
ー胃痛の症状について
・胃痛の部位とタイプ
:胃痛とはみぞおち(左右肋骨の間)のあたりに痛みを感じる症状
→胃酸が影響するタイプ:過剰に胃酸が分泌→胃の内側の胃粘膜を攻撃→炎症(→胃炎や消化性潰瘍)
→胃痙攣が影響するタイプ:胃の筋肉が痙攣→神経を刺激(→吐き気や食欲不振)
→胃腸機能低下が影響するタイプ:胃痛や胃もたれ→機能性ディスペプシア→食後に胃の痛み(→心理的ストレス・身体的ストレス)
・病院や診療所を受診すべき胃痛
:胃痛はありふれた症状→その陰に重大な疾患が隠されていることも
→胃潰瘍・十二指腸潰瘍・虫垂炎・心筋梗塞
4.胃のSOSを見逃さないで(→総合南東北病院)
ー胃の具合が悪ければ身体に栄養を送れない
・胃は食道に入ってきた食物を波打つように動いて消化し腸へと送り出す
・食物が胃に入ってくると胃液に含まれる胃酸によって食物は栄養が吸収されやすいように溶かされる
ー胃が発信するSOS
・胃がムカムカして重苦しい
・食欲がなくなる
・ゲップが出る
・吐き気・嘔吐
・胃がキリキリと痛む
→これらが機能低下のサイン
・胃は沈黙の臓器「肝臓」と違って比較的気づきやすい
ー胃が発信するSOSの原因は
・消化不良→飲み過ぎ・食べ過ぎ
・胃酸過多→生活習慣の乱れ
・刺激物のとりすぎ
・ストレス
・たばこ
ー何となくを見逃さない
5.ストレスと胃痛について
ー胃酸と胃粘膜のバランスが崩れる要因
ー胃炎の主な種類と症状
ーどうして胃酸が過剰分泌されるの?
・胃痛の対処法
:胃酸分泌を抑える→H2ブロッカー
:胃液を中和する→制酸剤
:胃粘膜を保護する→胃粘膜保護剤
:胃の緊張を緩める→鎮痛鎮痙剤

他の記事参照
胃炎は3つに分ける
1.びらん性および出血性胃炎
・原因
:非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の投与
:虚血(血管炎・マラソン走行中)
:ストレス(多臓器不全・熱傷・外科手術・中枢神経障害)
:アルコール乱用・刺激性化学物質
:機械的損傷(内視鏡・異物の嚥下・むかつき・嘔吐など)
:放射線外傷
→急性潰瘍に発展しやすい
2.非びらん性、慢性活動性胃炎
ー前庭部に限局
・原因はヘリコバクターピロリ菌の繁殖(→治療は抗菌薬によって有効に治療できると分かってきている)
ーヘリコバクターピロリ菌の繁殖の影響
・粘膜の保護を劣化
・前庭部のガストリンの分泌を刺激→胃底部からの胃酸分泌を促進→慢性潰瘍
ー慢性潰瘍から反応性胃炎
・びらん性胃炎・潰瘍・手術損傷などの病変周囲に発症
:手術損傷→前庭部・幽門の手術後に起こる腸管胃逆流(逆流性胃炎)→膵液・腸管酵素、および胆汁酸が胃粘膜を傷害することが原因
・腸液はアルカリ性であるガストリンの分泌の作用と拮抗する
3.萎縮性(胃底腺)胃炎
ー胃底部に限局

誰がwhat:
誰にwhow:
何をwhat:
なぜ、何のためにwhy:
どこでwhere:
いつwhen:
どのようにhow:
いくらhow mush:

特に重要な要素
・ what (何を)
・why(なぜ、何のために)
・how(どのように)

 ロジカルライティング

・問題(原因→結果:検索意図)
・解決(原因→結果)
・理由(原因→結果)
・説明(原因→結果)
・具体例(手段→目的)
・結論

この記事の目的は何か?

手順1「.誰に何をして欲しいか」を決める
手順2.ゴールから逆算して文章構成を決める
手順3.構成ごとに内容を書く
手順4.文章を読み直す
手順5.反応を見て改善する

この記事の目的は何か?

新タイトル:

<リード分>

・状況・背景

・問題提起

・共感

・しかし

・解決策/記事で書く内容

・メリット
・簡便性

まとめ:

胃のキリキリした痛みが20日間続いた原因

胃のキリキリした痛みが20日間続いた原因

胃のキリキリする痛みが約20日間続いています。みぞおちのあたりにからだをまっすぐにするとキリキリの痛みが強くなります。胃がおかしくなっているのでしょうか?教えてもらいたいです。

このようなお悩みをこの記事では解説します。

わたしは大阪を中心に女性限定で自宅出張スタイルのパーソナルトレーニングを実施するトレーナーのtakです。
女性の体調不良を起こすホルモンバランスの乱れを確認してパーソナルトレーニングで改善せていってます。

胃のキリキリした痛みの原因は、胃潰瘍です。
胃潰瘍から発生する痛みは、キリキリした痛みを生みます。

食べすぎやアルコールの飲みすぎで胃の粘膜に胃酸が分泌されて胃潰瘍となる場合は、すぐに改善し、キリキリとした痛みが出てきません。

キリキリとした痛みは、環境内のストレスをからだが受け、その状態を脳に伝達され、キリキリした痛みを脳が作っているのです。

病院で処方された投薬などの治療をしながら、環境内のストレスを見直さないと胃潰瘍は再発します。

胃のキリキリした痛みは、環境から受けたからだが危機感を感じるからです。
あなたの今の仕事や人間関係、人生設計をこれまでどうすることもできてなかった部分を修正できる大きな機会です。

この記事を最後まで読んでもらうと、「胃のキリキリした痛みが20日間続くのは胃潰瘍」なのがわかるのと、「キリキリした痛みはからだが環境から受けている」がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読んでわかること

  • 胃のキリキリした痛みが20日間続くのは、胃潰瘍
  • キリキリした痛みが20日間も続くのは胃の炎症を脳が反応し痛みを作っている
  • 胃潰瘍で感じるキリキリした痛みは環境内のストレスを軽減できる大きなチャンス

胃の痛みでキリキリする原因とは?

胃の痛みでキリキリする原因は、単なる高カロリー食の食べすぎやアルコールを週3回以上飲んでしまって起こる胃酸過多やもたれではなく、胃の粘膜に炎症が発症し、その感覚情報を迷走神経が脳に伝達して、胃に強い収縮させているからです。

胃の痛みのキリキリは胃潰瘍のおそれ

胃の痛みのキリキリした耐えがたい不快感は、ほぼ90%胃潰瘍にまで発展しており、初期段階から2年以上経過して、現状にいたると考えられます。

胃の痛みのキリキリを改善するには食事中に水分を減らせばいい

胃の痛みのキリキリを改善するには、食事中に食物を口に入れたあとに、胃に食物が入ってきて間もないのに、アルコールやお茶、水などの水分を胃に入れていることをやめるといいです。

まとめ:胃の痛みのキリキリの原因の90%は胃潰瘍

胃のキリキリした痛みは、食べ過ぎやアルコールの飲みすぎなどが原因となる胃酸過多ではなく、胃の粘膜に炎症が起こり、細胞変異によって作られる胃潰瘍です。胃の症状で起こる痛みでキリキリするのなら、ほぼ90%は胃潰瘍だと考えていいです。

胃潰瘍による胃のキリキリした痛みは、胃から迷走神経を伝達して脳に入り、迷走神経を胃に向かって痛覚が刺激されています。

原因は胃の粘膜に環境からのストレスで胃潰瘍が発生しているところですが、胃そのものに痛みを感じる神経系はありませんので、胃潰瘍であっても痛みはそれほど出ないのですが、脳に胃潰瘍の情報が伝達されているので、脳が関わってキリキリの痛みを作ってしまっています。

環境のストレス→胃潰瘍発生→迷走神経が脳に炎症状態を伝達→脳が胃に向かう迷走神経の痛覚がスイッチオン

実際、胃がキリキリ痛みを感じているのではなく、脳が胃のあたりに迷走神経を使って痛みを起こしているといった方が良いのです。

胃がキリキリして、病院でも胃潰瘍だと診断されたなら、どのように対処したら良いのでしょうか?

脳が反応して痛みを作っている状態は、食べ過ぎやアルコールの摂りすぎなどを変えてみても、痛みは改善されません。

脳が反応するのは、あなたが生きている環境にストレスがあるからです。
ストレスを環境内に存在しているあなたのからだのすべてが受け、胃へのストレスによる炎症反応が胃潰瘍のはじまりです。

あなたの環境内のストレスをなくす改善が必要です。

今まであなたにとって正しいと考えてきた常識を疑ってみてください。

  • 嫌な仕事も我慢してやるべき
  • 睡眠を削って努力するのが良い
  • 今の会社をやめて転職するのは良くない
  • 友人はたくさんいる方がいいから人間関係は大切
  • 好きなことを仕事にしてはいけない

あなたのからだとこころに合って気持ちいいと感じれる環境づくりをしていきましょう。

胃のキリキリした痛みは、胃がストレスを受け、脳が人生の価値観を修正した方がいいという自己修正をうながしてくれています。

胃潰瘍のキリキリした痛みは、病院で処方される鎮痛剤や抗炎症剤で軽減できます。
2週間もすれば、何もなかったように胃のキリキリした痛みがなくなりますが、胃潰瘍を病気として扱うと、また再度胃潰瘍のキリキリした痛みは同じように出てきます。

なぜなら、あなたの環境内のからだが受けたストレスを胃がキャッチし、脳が反応したからです。

環境内をあなた好みにし、あなたができる範囲で毎日、継続できる小さな実践を環境内で行ない続けます。
そうすれば、胃潰瘍は改善し、再発することはなく、環境内を見直す作業をしてもらったために、自己実現できる人生となっていきます。

胃潰瘍で発生した胃のキリキリした痛みは、環境内を変えたほうがいいという自然界からのメッセージなのです。
キリキリした胃の痛みをきっかけに人生を見直せた女性はたくさんいますので、不安にならず、環境を見るようにしていきましょう。

 

胃潰瘍の初期症状だと、1度は免疫系が炎症反応し、炎症を抑制され、そのまま症状が消える場合もあります。
環境内にストレスが原因で、胃の粘膜が炎症を起こすのが胃潰瘍ですが、その炎症反応を長い間続かないと、胃潰瘍にはなりません。

あなたが生きている環境にストレスがあって、環境から受ける不快で強い刺激が消化器(胃や腸)から脳に伝達されているから、キリキリとした痛みが発生しているのです。

takの出張パーソナルトレーニング
大阪堀江・新町にお住まいの方限定の出張パーソナルトレーニング

堀江・新町限定出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

takのメンタルトレーニング
takのメンタルメソッドでメンタルから改善したい女性向けのメンタルトレーニング

takのメンタルトレーニング

この記事のライター

感覚で身体を変化させるスキルを持つパーソナルトレーナーtak

パーソナルトレーナー歴;21年
運動しないで美しくなれる方法を研究
わたしのパーソナルを受けた女性は年齢不詳になると人気が出る
運動しなくても美しさが保てるように、皮膚接触で脳を修正し、免疫、循環から変化させるパーソナルトレーニングを実践。
趣味;読書(哲学書)街をウォーキング、温泉に入る
あなたに出会える日を楽しみにしています。
メンタルトレーナー兼パーソナルトレーナーtak

takのコアパーソナルトレーニング

  • この記事を書いた人
アバター

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-お腹の痛み, 女性の病気

Copyright© Sublime(サブライム)〜40代女性のための睡眠・呼吸・ホルモン・神経専門サイト〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.