女性の病気

生命維持に欠かせない胃の構造を見る|消化器の中心的機能が神秘

投稿日:2020年5月9日 更新日:

私は自分の生命維持をしてくれている身体にとても興味があるんです。今興味ある身体の場所は、胃です。たまに胃がもたれることがあるんですが、胃の構造がどのようになっているのかを詳しく知りたいです。教えてもらいたいです。

この記事は「胃の構造」を知りたいあなたに分かりやすく解説しました。

私は大阪を中心に女性限定で自宅出張スタイルでパーソナルトレーニングを実施するトレーナーのtakです。

食物を消化してくれる胃はストレスを受けやすい消化管で、胃液の分泌が乱れると他の消化管の腸管を破壊し、さまざまな病気や不快な症状となります。

あなたは自分の身体に関心を持つ第一歩で胃の構造に意識が向きました。

私も身体に興味を持ったとき、筋肉は目に見えるからそこまで知りたいという知的欲求は高くなかったんですが、消化管の胃がどのような構造をしているのかにとても興味が持てたんです。

しかし、私たちが胃について知っている知識はほぼ0%。毎日食物を摂取しているのに胃の知識はほぼ知らずに生きているなんてとても残念なことです。

この記事では、胃の構造を医学を知らないあなたにでも簡単に理解できる内容で書いています。

胃を理解できると、次は胃の前後の消化管である食道や十二指腸、小腸が関心持てるようにまとめていますので、この記事を見てもらえるとどんどん知的欲求が高まってくるような文章構成です。

あなたが自分を知り、これからの人生を見つめ直すために、身体がどのような構造で生命を支えているのかを知るのが1番の近道です。この記事は、胃の構造が見るだけの脳が理解できるように書かれているので、お気軽に見てくださいね。

この記事を読んで分かること

  • 胃の構造は3つの体液を分泌しこれらを総称し胃液という
  • 胃の構造はタンパク質を消化する酵素を持っている
  • 胃の構造は食物が入ってくるとぜん動運動で送り出す

食物が消化されている胃の構造を詳しく知りたい(悩み)

食物の消化を確実に行える胃の構造はあなたの意思や認識に関係なく、自分で動かせる筋肉とは違い自律神経系の反応でコントロールできます。

胃の調子は肝臓のように無自覚な器官とは違い、胃の調子が悪いとすぐに自覚できる存在に気づきやすい消化管です。

夢を追うあなた
疲れがたまるとすぐに胃が痛くなるの
tak
胃は胃液分泌のリズムが乱れるだけで脳にたくさん伝達されるんです

食物の消化にあなたの意思や認識を毎回必要とする胃の構造なら、食物を摂取する食事の後6時間は胃の消化活動にすべての時間を使用することになるでしょう。

食物が口である口腔から嚥下で落下され、食道を直滑降に滑り落ちてきた食物の重量感で胃の構造は、胃の壁での消化管特有の収縮と脳に伝達して無意識に食物に対応してくれるのです。

胃の構造のおかげで、生きるためのエネルギーを摂取した後に、まだ摂取した食物がエネルギーに変わっていないのに、エネルギーを使用して生きることができます。

つまり、今まで生きてきた間もこれから先の人生も身体を支え続けてくれます。

胃の構造は食物を消化して生命維持に貢献(解決)

胃の構造は、食物を消化する働きを目的として作られ、全身の細胞を健全に生命維持させる栄養成分を送ります。

胃は袋状の構造をし、食物を詰め込めば2l分の食物量を一時的に貯蔵させることができるんです。

夢を追うあなた
普通に食事してるけど、胃が働いてくれてるおかげなんだよね
tak
そうです。胃は平滑筋と言われる筋肉で、意思に関係なく働いてくれます

最初に胃の体内での位置関係をある程度知ってもらいます。

胃は消化管で最大の臓器で、袋状をし、長さは成人で約25cmあります。
胃は、胸の高さに位置し、身体の中心の胸骨よりやや左側で、左上腹部からおへその間に存在しています。

胃の構造の特徴

  • 胃は消化管で最大の機能性を持つ
  • 胃は袋状の臓器
  • 胃はやや左寄りにあって、左上腹部からおへその間にある

胃の構造は食物の殺菌・消化・小腸への通過(理由)

胃の構造は、栄養を消化吸収を防ぐ条件をすべて機能させ、食物の殺菌、消化、通過を確実に行なえます。

胃の機能低下は、嘔吐や下痢などの症状が現れ、食物を消化するための最低限の時間ができなくなります。

夢を追うあなた
食物の殺菌もするんだ
tak
食物には消化を妨げる雑菌や食品添加物も胃液が溶かす働きがあります

食物の殺菌

胃に入ってきた食物には、消化ができない空気中だと人間と共存する雑菌がたくさん存在します。
食物には空気中の雑菌が付着し、胃に入ってきますので、胃は胃液に含まれる塩酸(HCL-)で溶かし、細胞に必要なエネルギーを吸収されるのを守ります。

雑菌がついたまま十二指腸に食物が流れると、脳に異物だと認識され、腸内の水分量を腎臓から増やす指令が出て、下痢にし、排出されます。

食物に含まれていた糖質、タンパク質、脂質も下痢と共に細胞の栄養が失われるため、細胞が弱くなります。

胃はそのようにならないように胃に入ってきた食物に付いている雑菌を胃液で殺菌させています。

食物の消化

胃は食物に含まれる栄養成分を消化し、全身の細胞に迅速に運ぶ働きがあります。

胃で食物が消化するには、糖質が含まれる食物でで2〜3時間、脂質が含まれる食物で5〜6時間かかります。
その途中で、次の消化管である十二指腸に早く運ばれてしまうと消化ができないままになります。

消化できないで十二指腸に流れると、膵臓で分泌される消化酵素は間に合いません。
なぜ間に合わないのかの理由は、胃で消化されるまでの時間を胃壁と脳は体内リズムを通じて記憶されています。

その時間経過より早く幽門に消化された食物は近づくと、十二指腸に流れるのに、膵臓の消化酵素は準備されていないのです。

その状態を防ぐために、胃袋は入り口である噴門と出口である幽門に自動的に反応する栓があり、一定時間滞留させる構造を持ちます。

食物の通過

食物が胃液で消化され、固形だった食物が粥状の変化まで、胃は幽門に近づかせないようにします。

食道、胃、十二指腸、小腸までの一連の消化管は、平滑筋である消化管の小さな並行運動がシステムによって食物を流していきます。

胃の平滑筋の運動が少しでもズレるとしたら、小腸の働きまでブレーキかけてしまい、食物の栄養摂取ができなくなるのです。

そのために、胃から十二指腸の通過する時間を食物が嚥下(えんげ)から食道に落下した時点から小腸までの時間はズレることがありません。

この消化管システムを可能にするのが、胃の構造で食物を貯め込める許容量です。
胃は食物が何もないときは小さく縮んでいます。ほぼ隙間がないぐらい小さく縮んでいるのが、食物が入ってくると1.5lから2lほども広がるのです。

2lまで胃袋が広がる食事量は相当お腹が苦しく感じるまで食物を摂取する量ですが、それだけ胃袋の伸縮性があります。

例え、2l胃に食物を入れても、糖質と脂質に合わせたぜん動運動をし、タンパク質にはタンパク質分解酵素で消化される平均時間を崩すことなく、胃は貯蔵してくれます。

このように胃は消化管すべてを食物を規則的に消化吸収できるようなリズムを整える働きがあります。

よって、あなたが先ほど食べた食パン2〜3時間は胃の中で何度もぜん動運動をし、ドロドロの粥状にしてくれます。

胃がすべての消化管を調整してくれてるから、食事をした後でも消化を待たずに、違う行動をして他の活動ができるのは、かなりの時間のコストパフォーマンスが良いですよね。

消化管の機能が集中する胃の構造(説明)

消化管の機能は胃がすべてと言える胃の構造は、胃壁には微妙に働きの違いがあります。

胃の構造は、塩酸(HCL)とペプシン、粘液の3つを合わせたものが胃液です。

夢を追うあなた
胃液って3種類もあるんだね
tak
ペプシンは塩酸の作用で活性物質に変換されます。胃の中でも協力体制ですね

胃液が分泌する胃壁は部位によって働きが違います。

胃壁は、壁細胞、主細胞、副細胞と言われる3つの構造の違う細胞で分泌します。

壁細胞は、主に胃底部と胃体部、主細胞は同じく胃底部と胃体部、副細胞は主に噴門部と幽門部に分かれ、それぞれ機能の違う胃液を分泌します。

壁細胞は、塩酸(HCL」)、主細胞はタンパク質分解酵素の前駆細胞であるペプシノーゲンを、副細胞は胃の粘膜を塩酸から保護する粘液を分泌させます。

胃液の分泌する部位と働き

  • 壁細胞:胃底部と胃体部塩酸(HCL-)
  • 主細胞:胃底部と胃体部ペプシノーゲン(タンパク質分解酵素の前駆細胞)
  • 副細胞:噴門部と幽門部粘膜を保護する粘液

一般的な胃液の表現は、胃酸と言われていますが、医学的に見ると胃酸は胃底部と胃体部にある壁細胞から分泌される塩酸を指しています。

胃底部と胃体部は胃の内縁で胃の構造の中で1番距離が長い部分です。
胃の胃液の働きで最も重要なのを示していますよね。

塩酸の化学式は「水素イオン(H+)+塩化物イオン(Cl-)=HCl」となります。

水素イオンと塩化物イオンが化合して塩酸イオンが作られます。
胃液で分泌される塩酸は、胃壁が塩酸で溶けないように、水素イオンと塩化物イオンは別々に分泌されているのです。

コンビニでカフェラテを買って自分でその専門にレジ横に置かれている機械を操作して出すときを想像してください。
カフェラテは濃度の濃いエスプレッソとミルク(牛乳)が別々の出てきますよね。
いきなり、カフェラテが出てくることはありませんが、最初から混ぜておかない理由は、混ぜておきあの機械の中に貯蔵していたら、どんどん味が薄くなっていき、美味しくないからです。

胃の構造はタンパク質を消化する酵素を分泌(具体例)

食物を摂取から排泄までの働きの消化管である胃の構造は、栄養成分の中でタンパク質の消化が第一の働きです。

炭水化物と脂質は胃のぜん動運動でゆっくり消化し、タンパク質は胃壁が分泌する特殊な酵素で消化されます。

夢を追うあなた
炭水化物はどうやって消化するの?
tak
炭水化物は唾液に含まれる酵素で分解された後、胃のぜん動運動でドロドロになります

まとめ:胃の構造は食物を消化して生命維持に貢献

胃の構造は食物を消化して生命維持に大きく貢献しています。

そのような胃は口腔から肛門まで続く消化管の中で1番容量が多く、袋状の構造です。

胃には食道よりの上方から十二指腸よりの下方にかけて構造の名称があります。

上方から下方から、噴門胃底部胃体部前庭幽門幽門といいます。

  • 噴門
  • 胃底部
  • 胃体部
  • 前庭幽門
  • 幽門

噴門に食物が運ばれると、食道に逆流しないように入り口を閉じます。
また幽門まで胃はぜん動運動で粥状(かゆじょう)にさせ、消化管の運動であるぜん動運動で運びます。
このとき、幽門は閉められ、十二指腸に運ばれないようにします。

胃の壁と胃に繋がる脳の神経系が食物が消化ができるために留まることを保証します。
胃は食物の重さで判断し、この作用をするのは、ほんとうに驚きの機能ですね。

胃は食物に含まれる栄養成分にうち、タンパク質を消化する働きがあります。
タンパク質を消化する消化酵素はペプシンと言われ、水に溶ける水溶性のポリペプチドに消化されます。

炭水化物や脂質は、胃のぜん動運動により、少しずつ噴門から幽門まで前進して粥状されていき、食物は十二指腸に運ばれます。

消化管の胃があなたの体内で食物を殺菌、貯蔵、通過を保証してくれていることから、栄養成分を細胞に届けられ、生命維持を支えているのです。

胃の働きがあなたを生きることを実現させてくれているのを知ると、胃に負担がかかるような食生活やストレスを考え直したくなりますね。

  • この記事を書いた人
アバター

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-女性の病気

Copyright© Sublime(サブライム)〜40代女性のための睡眠・呼吸・ホルモン・神経専門サイト〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.