がん 女性の免疫 女性の病気

女性が不安に思う命を奪うがんの発生を病理学から見る|がんを知れば治る

投稿日:

女性が不安に思うがんを病理学で見る

友人ががんって宣告された。これからがんの治療に入るらしいよ。運動も食事もちゃんとからだに良いことをしていた人なのに。がんってどうしてかかってしまうの?

日本の死因のナンバーワンの病気が、がん。
重度な状態もあれば、軽度な状態もありますが、がんという病気をおそれない人はいないでしょう。

がんがおそろしいと思われるのは、がんの向こうにひとの死という暗闇があるからでしょう。

だれもが死を簡単に受け入れることはできません。
新物理学の量子力学では素粒子の発見から死の世界も理論的には説明ができる段階まできています。

でも、現実世界に生きているあなたは今すぐに死を選ぶほど、すべてをやりきったなって考えるひとはいません。

がんにならないようにできるのかは、わたしが実践するパーソナルトレーナーの領域においての予防医学がこれから主となって研究する必要がありますね。

この記事では、がんがどんな構造によって発生し、体内でがんはどんな機能をするのかを見ていこうと思います。

すると、あなたの生活習慣を見直す機会を作れるでしょうし、がんという病気を俯瞰(ふかん)できるようになれば、がんにかかる確率はグンと下がります。

では、いきましょう。

この記事を読んでわかること

  • 病理学でがんにかかる過程についてわかる
  • がんは細胞の免疫系の信号の変化から発生するのがわかる
  • がんにかからないようにする考え方がわかる

がんがこわい病気なのは、がん細胞が増殖するために命を奪う

がんという病気の定義は、腫瘍、新生物とも言われていて、体細胞が過剰に増殖する病変です。

細胞というのは、たえず増えたり減ったりしているので、増殖がなければ細胞は均衡を維持できずに、生命体は地球で生きていけなくなります。

だから、細胞の増殖は自然発生のメカニズムですからいいんですが、細胞が過剰に増殖するとこれは良くない現象が起きてしまいます。

がん細胞は局所的の瘤(こぶ)のような形で腫瘍となっています。
腫瘍の細胞は、細胞が過剰に増殖してできたもので、適切な生体に合ったコントロールを逸脱しています。

正常な範囲での増殖のコントロールでは、必ず分裂して、細胞死というアポトーシスという現象がともなっています。
しかし、がんの細胞はひたすら一部の腫瘍の細胞だけが増殖していくという、ほんとうにコントロール不能といえる反応がからだの中で起こるのです。

増殖=分裂(細胞死)のバランス

生体の生命体の基礎の体内運動は、増殖と分裂を反復することが使命なのです。
この往復運動が、生命体の維持を継続でき、からだは全身の表面を皮膚で覆ってるので見えませんが、体内でもとてつもない速度で行なわれています。

物理学的にいうと新物理学の量子力学では光速度などの研究から空気中の電子が高速回転している現象が見えてきています。量子力学については、[ 女性の幸せ ]女性が運気を上げるメソッドを宇宙の法則が量子力学で判明!という記事に書いていますので、ぜひまた見ておいてくださいね。

女性の幸せ。運気を上げるメソッドが宇宙の法則を量子力学で判明
[ 女性の幸せ ]女性が運気を上げるメソッドを宇宙の法則が量子力学で判明!

続きを見る

あなたの体内で増殖と分裂の往復運動が高速でなされているなんて気づくことは今のところできません。
体内で起こっているのにどうしてって思いますが、まだ体内の反応に近づける物の見方ができていません。

わたしはそこまでできるって思ってまして、実態があるんだから気づくことができるはずですよね。
あなたの体内の反応に気づける入り口が見つかればまだ表現させてもらいますね。

細胞のメカニズムでは、増殖は過剰にならないようにできています。
がんの細胞は増殖のコントロールができなくなったのです。

増殖をコントロールするstart-stopの調整機構

がんを予防するには、増殖をコントロールするstart-stop機構を再コントロールさせることが必要です。

その中で、接触阻害(contact inhibition)という隣の細胞と接すると増殖を停止するメカニズムがあります。

接触阻害とは?

接触阻害とは,増殖しながら運動している二つの近接した培養細胞間で観察される現象である.1953年,AbercrombieとHeaysmanは,運動しているニワトリ心臓胚性線維芽細胞が近接した細胞と接触すると,運動先導端に形成された細胞膜突出部が退縮して運動を停止した後,接触するまでとは異なる方向に運動し始めることを報告した

細胞の運動と増殖の新規接触阻害機構|力武 良行 神戸薬科大学医療薬学研究所

正常な細胞がいつもどんなときも増殖しているのではありません。
仮に増殖が始まってもとなりの細胞に接触すると増殖はとまるようにできています。

細胞は同種同士集まり、違う種の細胞は排除する機能もあります。
しかし、増殖という細胞の運動は、同種の細胞以外の異種の細胞にもひっついていきます。

そしてがんの細胞は、増殖が止まらないばかりでなく、異種の細胞とそこから他の組織にも広がっていくのです。

要するに、細胞が異常な運動になっているのです。

どうしてそんな事態になるのかは、今のところ現代医療ではわかっていないという現状です。
でも、基礎医学の研究からがんを予防するためのプログラムは理論的には作ることが可能です。
わたしの直観ですが、その実践に挑戦しているところですね。

ポイント

  • 異常に増殖を続け、瘤状の細胞塊(腫瘍)を形成する
  • 細胞間の接着も異常になり、他の組織に転移し生着する

がんには悪性と良性がある。がん細胞の広がりやすさの違いが判断基準

がん細胞は悪性と良性の細胞がある

がん細胞は、正常な免疫コントロールを逸脱しているため、増殖を繰り返していくうえに、他の組織にも結合している性質があります。

知的欲求MAX女の子
がんって命を奪われるぐらいだからこわい病気だね

がん細胞には、良性細胞と悪性細胞があります。
人間ドックで検査を行なうと腫瘍マーカという血液検査の項目で結果が出てきますが、そこから精密検査に入り、細胞検査をして、悪性なのか良性なのかを調べます。

検査結果で仮に良くないとされても焦らずに、10日間は自分の生活習慣を見直す時間を作ろうという記事の病気の疑いがあると検査結果で不安になっている女性が10日間でやるべきこと。で書いてますので、また見ておいてくださいね。

検査結果で病気の疑い。10日間ストレスフリー生活に。
病気の疑いがあると検査結果で不安になっている女性が10日間でやるべきこと。

続きを見る

現代医療では、細胞検査をして良性なら経過観察になり、悪性ならがん細胞を抑制する治療に入っていきます。

この悪性と良性の判断基準はどんなふうの定められているのでしょうか?

  • 悪性細胞=細胞が分化せず、未分化状態
  • 良性細胞=細胞が分化して、これ以上成長しない状態

良性か悪性かの明確な線引きはまだそこまでできないケースがあるそうですが、医学的には検査によって基準があるので、そこで決定します。

夢を追うあなた
そうなると、悪性でも良性の可能性もあるよね

細胞は受精したあと胚(はい)になって、細胞が分化していき、あなたのからだの皮膚、筋肉なども細胞が分化したことで作られました。

分化とは?

生物の細胞が分裂増殖し,成長する間に互いに構造や機能が特殊化する現象。一般的には比較的単一の系が,2つ以上の質的に異なる部分系に分離する現象をいう。

がん細胞である腫瘍が悪性なのか良性なのかは、細胞の分化状態で判断されます。

細胞は、未分化な状態から分化した状態へと成熟していきます。
腫瘍にもそれぞれ分化の状態があって、成熟したように見える分化した状態から、腫瘍だけど未分化で細胞とは言えない状態のもあります。

良性細胞は、分化が終わってるとしており、これ以上は増殖しないだろうということです。
でも、悪性細胞は未分化ですので、これから増殖する可能性があると考えられるのです。

真実を言えば、腫瘍マーカががんの疑いがあるとされても、わからないのです。
検査結果を信じることも信じないことも必要ですね。

覚えておいてほしいのは、悪性細胞は増殖の途中にある状態だということです。
良性細胞は増殖の可能性が低いということ。

どちらも腫瘍は腫瘍なので、細胞が免疫コントロールが失われていることには変わりありませんので、そのように考えるようにしてくださいね。

ポイント

がん細胞の良性でも悪性でも腫瘍に変わりはないので、体内の免疫システムのコントロールは低下していると理解しましょう。

がん細胞の増殖速度は組織によって異なる

良性細胞の中でも子宮筋腫は、良性細胞でもかなりの速度で増殖していきます。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は子宮の筋肉組織の一部が増殖してできる良性の腫瘍です。発生する場所により4種類に大別されます。
一度に複数個発見されることが多く、成人女性の20~40%が発症します。
大半は無症状で治療の必要もありませんが、過多月経(月経量が多い、痛みが強い、10日以上続く、レバーのような血の塊がでる)や、筋腫の肥大化による障害(不妊や、他の臓器を圧迫して起こる頻尿、便秘、腹痛、腰痛など)の原因になっているときは、薬物治療や外科治療(手術)を行なう場合があります。

がん細胞は悪性細胞は増殖速度が速く早期発見が大切だとされます。
10年前にある細胞が増殖にシフトして、今検査結果が出てきたというケースもありますが、考え方としては、増殖になるメカニズムを知って、がん細胞を抑制する生き方にすることですね。

がんにかかることをおそれる必要はまったくありません。
ひとのからだはこうしてこの記事を書いているわたしの体内でもどこかの細胞が増殖しようとしています。

でも、隣の細胞に接触して増殖は阻止され、がんは抑制されているのですね。
増殖がないとひとはここまで生きてこれなかったわけなので、がん細胞を病気ととらえないで、基礎医学として、ひとのからだを理解するという哲学性にするといいと考えるようにしてくださいね。

がんが発生する成長シグナルのメカニズム

がんの悪性細胞は、免疫コントロールのリミットを壊して、増殖していきます。
まるで、暴走したブレーキの壊れた車が混んでいる高速道路を進行するかのようですね。

車は細胞にたとえるなら、分化し終わった良性細胞と同じ構造ですね。
混んでいる高速道路で暴走すれば近くの車と接触して、止まってくれます。

悪性細胞は車のように硬くなく、弾力性と粘弾性のある未分化な細胞だから、近くの車にひっついていくようにイメージを持ってもらうとわかりやすいでしょうね。

悪性細胞は増殖し、成長していくと近い細胞に結合する選択することもあれば、遠い細胞に飛んでいく選択をすることがあります。

悪性細胞は、周りの組織に浸潤(しんじゅん)し、破壊してどんどん攻め込んでいきます。
周囲の正常な細胞に悪い細胞が食い込んでいくのです。

がんの増殖と接触阻害破壊の二つのパターン

  • 浸潤(しんじゅん)=局所的に周りへと侵入していく
  • 転移(てんい)=遠く離れた場所に腫瘍を新しく作る

がんは周囲に浸潤している可能性があるので、手術をするときに、取り切れているのかどうかをきちんと調べる必要があります。

手術をしている最中に、がん細胞ができた腫瘍の側の細胞を採取して病理医が診断します。
浸潤なら周囲の細胞で調べることができますが、転移となるとどこに飛び火しているのかわからないので、今はPETという検査機器を使って転移がないかを調べます。

がんの手術では、細胞を採取して標本を作ります。手術中に病理医が診断を行なうので迅速なものでないといけないですから、術中迅速病理診断を使い、液体窒素で凍結して切片を作製して調べます。

がん細胞の転移には3つの経路がある

転移は良性細胞には見られない細胞の反応で、良性細胞は分化しているので、細胞の辺縁が見えます。
一方、悪性細胞は未分化なので、辺縁がなく、MRIで体内を調べても医者の感性と仮説のスキルがないと簡単に見逃してるしまいます。

がん細胞の転移の3つの経路

  • 播種(はしゅ)=肺の入っている胸腔、消化管や肝臓などの入っている腹腔へ漏れ出していく
  • リンパ行性転移=リンパ管を通じて広がっていく
  • 血行性転移=血管を通じて広がっていく

播種は空洞を通って転移をしていきますが、重度のがんの転移になると、胸水や腹水のように体液がたまり、苦しい状態になります。

リンパ行性転移では、リンパ管を通って転移しますが、これはリンパ管の正常な機能である体液を静脈系へと戻していく働きがあります。

腫瘍の細胞がリンパ管に入り込むと、リンパ管と同じ流れに沿って進んでいきます。
リンパ管は一定の方向に流れていき、関所がところどころにあるリンパ節に転移することもあります。

転移までいくと、かなりのがん細胞の増殖のコントロールが落ちていますね。
体内のエネルギーが限られた腫瘍に向かい、エネルギーを活用してひとつの答えを出そうとしているんです。

それは、生と死の哲学的な生物体に与えられた本質なのではないでしょうか。
ひとりの肉体。つまり、生命体はこの世界で一体の空間を占領しているわけですが、世界があなたの下した運命なのではないかと考えてしまいますね。

ゲノムの守護神のがん抑制遺伝子p53とは?

がん細胞を作るゲノムの不安定とp53

がん細胞は細胞の超暴走で、泣きじゃくる子どもがそこらへんのおもちゃを散らかし放題しているような感じですね。

暴走する泣くという感情にブレーキをかけれたら、子どもはおもちゃを散らかすことを途中でやめてくれるように、いつかは子どもも落ち着くものです。

がん細胞を落ち着かせる何かシグナルはないんだろうかと思うことに研究の成果が出たのです。

がん細胞の増殖を抑えてくれるものが体内で見つかりました。
それは、ゲノムの守護神といわれている神ががったp53というがん抑制遺伝子です

知的欲求MAX女の子
p53って?教科書のページみたいだね

がん細胞は遺伝子ゲノムの配列がなんらかの信号が誤って伝わり、がん抑制遺伝子が効かなくなるのです。
この体内作用により、細胞の増殖信号がスイッチ入り、抑制が効かなくなっていくのです。

これががんという病気。

ゲノムを守ってくれているのが、このp53というたんぱく質です。

ゲノムとは?

生物が生きていくために必要な遺伝情報の1組をいい、構造としては染色体の1セットに相当する。ふつう体細胞は2セット、生殖細胞は1セットのゲノムをもつ。1セットしかゲノムをもたない細胞を半数体または1倍体、2セットもつものを2倍体と呼ぶが、植物にはキク属の10倍体やコムギ属の6倍体など多数のゲノムをもつ倍数体が知られており、ゲノムの倍化が変異や新種形成の大きな要因になっている。大腸菌のゲノムは約500万塩基対、ヒトのゲノムは約30億塩基対のDNAからなる。

ひとのゲノムは、約30億塩基対のDNAからなっているので、体内での信号が不具合を起こすと、細胞に分化と変異の両方を起こすたんぱく質が反応して、ゲノムを壊していきます。

p53はがん細胞を抑制しているたんぱく質とわかり、がんの治療法はまだ治るひとと治らないひとがいて、不完全のままですが、がんを抑制するメカニズムは分子科学によって見えてきています。

P53とは?

転換した多くの細胞に見いだされる腫瘍抗原タンパク質で,リンタンパク質.一般にがん抑制遺伝子とされ,腫瘍などでは変異体がみられることが多い.

p53遺伝子はがん細胞周期をコントロールする

がん抑制遺伝子であるp53は、ゲノムの配列が壊れる信号によって細胞が増殖させるシグナルが体内で起こると、DNAが傷つくことで活性化されるのです。

増殖を抑制する信号を起こし、細胞周期をG1期でストップさせる機能があります。

p53が自然界の運動と同じ法則を持っていると思いますね。
増殖という免疫のコントロールを失った細胞を遺伝子レベルで修正するのですから、ひとが生きていくために命綱ですね。

がんに対する抗体がp53ですので、がんという細胞のメカニズムが作られた現代に時代が入ることで、さらにp53は成長してきているんですよ。

これまでの医学なら、脳や筋肉などの細胞や神経線維という器官、それぞれで自律して運動をする内臓などが肉体を構成すると考えられていましたよね。
でも、たんぱく質で構成される遺伝子もひとを生きるという生命体のために必要だと自然に思えるようになりたいですよね。見えない内部構造が見えてきて、自然界がとても興味深くなっていくってそう思いますね。

p53はがん細胞の細胞周期をGI期でストップさせる機能があります。

上記の引用した図にもありますように、細胞周期は、

G1期→M期→G2期→S期

です。

Gとは、ギャップという意味で、G期の後にくるM期とS期のための準備期です。
G期は細胞が合成されるM期とS期のために、細胞が活発に分裂し、G1期の間にDNA合成に必要な酵素が活性化している状態です。

p53はG1期でM期に入らないように、DNA合成をストップさせてくれます。

増殖シグナルによって傷ついたDNAも修復させる働きも動員され、最終的にDNAの傷がちゃんと治ったら、p53の活性化は解除され、正常になった細胞は、G1期からS期へと移行し、細胞周期が回り始めます。

p53遺伝子は、時には細胞にアポトーシスという細胞死も誘導する

p53は生きるための守護神と書きましたが、p53が変異して傷ついたDNAを修復しなくなると、がん細胞はどんどん増えていき、傷ついても死ぬ寸前の細胞を抱えたまま体内では細胞の機能不全になることがわかりますよね。

がん細胞が増える現代の作られたがん細胞の抗体がp53。
傷ついてどうしようもない細胞を除去してくれるのもp53。

がんという病気で死にいたってしまうのは、

  • DNAが傷ついたことで細胞が増殖する
  • DNAが傷ついたまま残されることでからだの組織化が低下する

となります。

がん予防やがんの治療で成果を出すには基礎医学の知識を得ること

がん予防やがんの治療で成果を出すには基礎医学の知識を得ること

p53は細胞死を誘発することがどれだけひとの生命体を存続させられるのかを理解するとがんについての知識になっていきます。
知識はとってもあなたのとって強みとなります。
がんにかかっての死因の確率みたいな情報を見るのではなく、この記事で書いているような基礎医学の知識をわかる範囲で得るようにしてみてください。

すると、病気ってこわいイメージだったのが、知識を得ることで全体的の見ることができて、俯瞰(ふかん)できてきます。
俯瞰とは、すでに存在している自然界を全体的に見て、あなたの脳の感性の表現系を使って説明することです。

表現系についてはあなたが生きてきて感じたこと、思ったことをコンテンツにしてら価値となるよっていう記事のあなたの価値提供は脳の表現系をブログで発信|ブログ初心者女性のテーマとはで詳しく書いていますので、また見ておいてくださいね。

価値提供はブログを活用する。ブログ初心者女性の注意点
あなたの価値提供は脳の表現系をブログで発信|ブログ初心者女性のテーマとは

続きを見る

この作業を哲学化といい、あなたがこの世に生まれた使命であったり、生きる目的であったりするものです。

がんという病気が増えていて治らないひとがたくさんいるのは、医学の問題ではなく、そのひと自身の世界観の要素が病気にかかる確率を高くし、病気予防が実現できない理由となるんです。

わたしがパーソナルトレーナーという職種を活かして、基礎医学や病理学、免疫学に入り、自分で研究していくのは、あなたに自然界というもうすでにある世界を実証してもらうきっかけにするためです。

まとめ;がんの発生は、DNAがなんらかの誤作動で傷つくことで起こる

女性のこころを不安にさせるがんという病気について説明をしてきました。

がんがなぜ起こるのかというと、DNAが傷つき、細胞の接触阻害が効かなくなり、増殖してしまうからです。

がん細胞が発生すると、細胞は増殖によって周囲の細胞にひっついていったり、遠く離れた細胞にまで飛んでいきます。

この作用を、

  • 浸潤(しんじゅん)
  • 転移(てんい)

といっています。

そして、DNAが壊れて細胞が増殖に入っていくパターンとして二種類あります。

  • 良性細胞
  • 悪性細胞

です。

良性細胞は、細胞の分化が起こってる状態をいい、悪性細胞は分化が起こっていなくて未分化状態をいいます。
分化とは、あなたのからだがこれ以上構造的に変化がないように成長が終期を迎えていることです。
つまり、がん細胞として浸潤や転移の可能性が低いと考えます。

しかし、悪性細胞は、未分化ですので、増殖をもった細胞がこれから成長していく過程となるので、浸潤や転移の恐れがあって、リスクです。

まだがん細胞がどうやったら治癒するのかはわかっていません。

今でもがんによって多くの方が亡くなられていますが、わたしたちはこの現実をすでにあるものとして、哲学化し、実証していくことが大切です。

実証するためには、学問というフィールドを使って、基礎医学や基礎科学から導き出すのが適切です。

あなたもこの記事をきっかけにこわい病気ががんという表面的な知で終わらせずに、がん細胞が増殖していくメカニズムが自然界とどんな関連があるのかを調べてみてくださいね。

その実践が、あなたの生きる力となり、あなた独自の哲学になり、価値提供が実現し、生きることで幸福感が高まり、それが病気予防になっていくのです。

原意識を知るメンタルメソッドはこちらから

あなたは今も未来もこのままでは幸せになれません!

あなたに価値を与えて、幸せを追求し生きることの使命を高めます。

20年間のキャリアがあるパーソナルトレーナーとして、女性のお客さまを2万人以上見てきたtakが女性の感性と感情を脳科学にあてはめて見えてきた考え方を教えます。

今の仕事が面白くないと感じる女性

これから先の自分が見えない女性

欲しいものがあるのにお金がないから手に入れられてない女性

好きな仕事がしたいと思ってるけど何からしていいのかわからない女性

男性を好きになれず、結婚することに興味がない女性

面白いことがなくて生きてることがストレスになる

こんな女性に

親、学校、会社、友人から教えてもらった生き方ではあなたは絶対に幸せになれない。

女性に合った自己啓発やスピリチュアルな話は、本屋やネットに行けば、探し出せるけど、何かが違う・・
理解できるんだけど、生き方が変わらないから、現実も変わらない。

そんなうまくいかない経験がますますあなたらしさを失わせた生き方になっていく。

努力、我慢、継続、反省、計画、目標・・
これらは、社会というフィールドだけ通用する偏った女性を壊すルール。

あなたが生き方が変わらないのは、
あなた個人に合った脳のプログラムを使っていないから。

あなたの脳にはあなたなりの生き方のモデルが生まれたときからある!

そこに近づけるためのアプローチがメンタルトレーナーtakの個人セッションです。

takのセッションでお届けする考え方は、
どんなスクールに行っても聞けない話。

女性のための脳科学、幸せの概念、お金と仕事の関係性

これさえわかっておけば、あなたにとって

幸せになれ、人に喜ばれて価値あるお金が入り、知的欲求が高まり
あなたに与えられた有限な時間がストレスなく循環。

takメソッドを得ると、あなたがやっている今の実践での効果が右肩上がりに。

あなたの脳を書き換え、あなたから見える世界の見方のモデルチェンジで幸せに気づく脳科学とからだとこころをリンクさせる新メンタルメソッド

このメソッドは、脳科学に基づき、脳の学習経路を刺激して、自然反応であなたを変えることができます。

姿勢の美しい女性で難病を改善

女性を幸せにするための脳科学メソッドの内容

  • 世の中を作る物理的世界
  • 過去の自分の知り方
  • 時間空間の法則(未来→現実→過去)
  • 顕在意識と潜在意識
  • 苦痛系と快楽系のホルモンについて
  • 好きなことを仕事にする考え方

あなたはこれらを脳で書き換えないと、何をやっても幸せになれません。
あなたの脳で無理やりつながれた使えない知識を書き換えます。
すると、何もしなくてもからだから行動が変わっていく脳のシステムにしていきます。

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
からだを美しくするために、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

女性を美しくする コアパーソナルトレーニング

女性美しくパーソナルトレーニング 快刺激 触れる

女性美しいからだ 女性きれいになりたい願望

はじめて知った!女性が美しさは姿勢を発達時の運動をパーソナルトレーニングでセットアップ。


はじめて知った!女性が美しさは姿勢を発達時の運動をパーソナルトレーニングでセットアップ。

極秘情報!女性の美的は重力で。パーソナルトレーナーが皮ふと筋肉のセンサーを刺激。


極秘情報!女性の美的は重力で。パーソナルトレーナーが皮ふと筋肉のセンサーを刺激。

たくさんの女性が間違っている!女性が美しく痩せるには?ボディラインに垂直の感覚刺激で美しさを得る。


たくさんの女性が間違っている!女性が美しく痩せるには?ボディラインに垂直の感覚刺激で美しさを得る。

女性がジム通いでモチベーションの維持は日常をすべて忘れてストレス解消させる


決定的理由の発表!ジムに行って痩せても全然お腹のお肉は取れないのはストレス過多だった事実。

コア美人を目指そう|七回のコアトレーニングで永遠の美を手に入れる。


コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる。

コアトレーニングの効果は疲れにくい身体に|1日の質が120%になれる


コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値。

女性が抱える猫背を姿勢改善で治す方法をベテランパーソナルトレーナーが紹介


知ったあなただけ得をする!姿勢改善で猫背のゆがみを早く治し代謝不良の原因を回復。

女性を最短で美しくする七回完結の出張パーソナルトレーニングのカリキュラム。


女性を最短で美しくする七回完結の出張パーソナルトレーニングのカリキュラム。

女性の体内リズムを整えよう。触覚刺激で副交感神経、オキシトシン、α波で姿勢を美に改善。


女性の体内リズムを整えよう。触覚刺激で副交感神経、オキシトシン、α波で姿勢を美に改善。

takのパーソナルトレーニングにご興味ある方はこちらから問い合わせください

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
アバター

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-がん, 女性の免疫, 女性の病気

Copyright© Sublime(サブライム)〜40代女性のための睡眠・呼吸・ホルモン・神経専門サイト〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.