好きなこと見つける 幸せ

女性が自己肯定感をポジティブアファメーションで高める方法ですぐに幸せに

投稿日:

女性が自己肯定感して笑顔になれる

わたしってひとにどう思われているのだろう?わたしって自分の良さがあるとは思えないよ。

このように考えてしまうのは、自分に自信がないからです。最初から自分がダメな人間で、ひとよりも何かが劣っているっておそれていると思ってるからです。

わたしもこのような不安に悩まされてる時期がありました。ひとに認められたいという願望がとて強く、ひとの意見が知りたくて、ひとの話をよく聞くのが習慣になっていきました。

いま思えば、ひとの自分への評価が知りたくて、ひとに話を聞くことに徹底してきたのです。ひとの話を丁寧に聞けるのは、傾聴(けいちょう)といって聞いてもらったひとはこころに不安定な気持ちが落ち着くことができるカウンセリング技法です。

ほんとうはひとの話を素直に聞きたいって思えるひとはほとんどいないはずです。
まずは自分がどんな風に考えてるのかを話をすることによって自分の考えに気づけるのがひとの心情であり、欲求です。

わたしの場合、こころの不安からひとに確認しようとして傾聴するという技法を覚えました。
今は運よく、そんな技法もパーソナルトレーニングというわたしの職業に活かすことができています。

でも話を聞くのがうまいってところだけを見れば、良いひとと思うかもしれませんが、そもそもの話を聞くという意識はけっして健全なものではありませんでした。

わたしの何が足りなかったのかというと、

それは、自己肯定感です。

自己肯定感は、ありのままの自分の気持ちのすべてを受け入れること、です。

無理に前向きに考えることもしなくていいし、こころの弱さがあって自分を否定的に見たとしてもそれもすべて受け入れることが、自己肯定感です。

わたしには今まで自己肯定感がありませんでした。
だから、自分のすべてを受け入れることができないので、自分の良くないところを頑張って直そうとして努力をしてきましたが、いつも嫌な部分に意識がいき、なにをやっても自分を変えないといけないけど、変わらないっていう自己嫌悪におそわれてばかりでした。

今はこの記事に自己肯定感が大切ですよって書けるまでになったんです。
あなたの自己肯定感を高めることもできるようになります。

あなたはいつもひとを目を気にして生きてきているでしょう。
どうしてもっと自分の気持ちに素直に生きれないのかなって思ってる願望が、自己肯定感の原理を知ればできてきます。

そして自己肯定感によって、自分の人生が思ったままの結果に導くことができます。
この記事を読むと、あなたは自分なんて才能がなく、なにもできない自分という自己認識があると思いますが、そんなものが幻想(げんそう)であることがわかります。

この記事を読んでわかること

自己肯定感を知ると、あなたにとって好きなところも嫌いなところも受け入れることができ、いつも思いのまま結果につながっていける
自己肯定感はアファメーションという自己宣言で簡単に得ることができる

自己肯定感を高めるとあなたの人生はいきなり変わる

自己肯定感を高めると人生が変わる

自己肯定感はありのままの自分をすべて愛せるようになる。
自己肯定感を高めることで幸せな人生を送れるようになる。

自己肯定感が弱いとどうなるのか

現実逃避;つらい気持ちをいやしたい=お酒・たばこに依存、過食・拒食、自傷行為
他人に依存;よい子、おせっかい、社会的な競争心、完璧主義
批判をおそれる;ひとの意見に流される、ひとに自分の思いを頼めない、ひとに合わせすぎる、引っ込み思案
他人を支配;いじめ、DV、ハラスメント、怒り、すぐにキレる

ここで最初に生きることの原理原則について書いておきたいと思います。
ひとに流されず、自分で考えたことを実践して、その結果を素直に受け入れて、また修正していく。
このひとつの流れが、人生において幸せな生き方だといえます。

つまり、ありのままの思いどおりに生きてみる。考えたことや思ったことをそのまま行動という実践に変えればいいんですが
、それができないひとが多いです。

わたしも自己肯定感を知るまでは、自分では弱さを努力で自己改革と思って生きてましたが、いつもしんどい気持ちをかかえ、たえず見えない敵がいて、誰かと競争しているというとても落ち着かない時間が現実にながれてました。

知的欲求MAX女の子
ひとって自分の嫌なところを無理に変えなくていいってことなの?

これも自分を変えようとするよい子を演じていたわけですよ。ひとに認めてもらいたい自分が『自分の弱さに向き合い、頑張ってる自分』だったのです。自分でいつもひとりごとを言ってました。『わたしは自分の弱さを知っていて、自分を変えようとしている。わたしを見て?わたしはいい子なんですよ』と言いたかったんです。

わたしは、自分を変えようとすることが適切な思考をとっていたと思いちがえていました。
上に書いた自己肯定感が弱いひとの、ひとの批判をおそれるに分類されます。

ひとに合わせすぎるし、ひとに頼まれると断りにくいので、そこから避けるためにひとと距離を置いて付き合いたくなります。
そんな自分をよくわかっていて、そうならないようにと自分を完璧にガードしていたのでした。

自己肯定感の弱さから自己肯定感にする。

多くの女性が、自己肯定感の弱さから抜け出せないでいます。女性が仕事をすることも、仕事が好きだからやっているのではなく、自己肯定感が弱いため、自分を満たすためか、仕事という世間的に統一されたやるべきことを果たして、自分を責めるか、ひとを批判する。そのために仕事があります。

自己肯定感が高くなる方法は、あとであげるアファメーションを自分にたいしてやってみると、効果があります。
その前に、
自己肯定感が高くなると、どうなるのかを知ってもらいましょう。

  • 自己主張しても他者から受け入れてもらいやすい
  • 自分の気持ちを理解できるから、他者に気持ちも理解できる

 

自己肯定感が高くなると、人生がいきなり変わるというのは、新しい物事にチャレンジしても結果が出て、うまくいく確率がグンとあがります。

自己肯定感は、ありのままの自分をすべて愛することなのですからね。
自己肯定感が弱いと、自分の嫌なところ、弱いところをいつも意識してますので、自分に自信がなく、今のままの自分の内面的な環境を変えようとはしないのです。

自己肯定感を高めるにはアファメーションが効果的

女性が瞑想でポジティブアファメーションで自己肯定感に

アファメーションは、『わたしは・・・』という自分自身を主語にして、完結した言葉にして、自分に宣言することです。

ほとんどの女性は、
潜在意識に過去のうまくいかなかった失敗や他者に嫌なことを言われた、学生時代にみんなの前で恥をかいたなどの経験が記憶されています。

そんな潜在意識にあるネガティブな思考は、あなたが生きていくうえでの価値観になっており、自己肯定感の弱さを作ります。
今まで生きてきて、過去の経験が今にいかされてないと思って、『もっと自分が変わって、もっと自分の理想通どおりも人生にしたい』って思うのも、ネガティブな思考が未来をみることをやめているのです。

  • もっと良い仕事につきたい=ネガティブなアファメーション
  • わたしは今よい待遇をうけ、やりたい仕事ができている=ポジティブなアファメーション

 

この二つの言葉をみていただくと、上の言葉も『自分を変えようとしている宣言』のようにみえます。
でも、これは今は良くない現実で、未来をもっとよくしたいという、今をネガティブと認めている宣言なのです。

これは、同じくアファメーションとなっていて、ネガティブな自己宣言になり、ずっと今をネガティブのまま変わらなくする思考になります。

この思考のパターンをひとはよくやっています。会社に入ると、このネガティブアファメーションはどんどん植えつけられます。

今のあなたの仕事の評価(営業や販売をしてるなら売上の数字)はこうだから、残りの売上はこうしなければいけないよ。
と上司にいわれるでしょう。
これは、今までやってきた行動では売上が伸びないって事実をアファメーションしているので、脳はネガティブな神経伝達物質をからだ全体にだし、何もかもの行動を生む、からだの機能を弱くします。

脳で抑制する神経伝達物質

GABA=GABA作動性シナプス
グリシン=グリシン作動性シナプス

ネガティブなアファメーションをすると、GABA、グリシンという神経を抑制する神経伝達物質が放出され、脳の中もそうですし、からだ全体にもつたわります。

ネガティブなアファメーションは、
思考をとめるばかりでなく、行動を起こすのはからだであり、筋肉ですので、すべてが何も実現できない状態を作っていくのです。

ですから、ポジティブなアファメーションするには、
『わたしは・・です』で言葉を作ります。
まだ実現していなくても大丈夫。なりたい自分を想像し、そのまま主語はあなたで述語は行動したことをいれます。

ポジティブアファメーションの言葉の例

具体的な願望が明確にわかっているなら、その願望が叶ったときのあなたの状態を言葉にします。

(例)お花さんをしたい
『わたしはお花さんをして、たくさんのお花が好きなお客さんがきてくれて、幸せです』

(例)好きなひとに出会って、街で一緒に歩きたい
『わたしは自分の考え方の合った男性と出会い、神戸の街を歩いて、幸せな時間を過ごしています』

(例)喧嘩してしまった母親と仲直りした
『わたしは長年口を聞かなかった母親と仲直りして、なんでも話せる間になっています』

もし具体的な願望はわからないけど、今の時間を全体的にポジティブアファメーションにしたいのなら、抽象的な言葉でもいいです。

  • わたしは、今自分のペースで生きることができ、ストレスなく生きています。
  • わたしは、今まで趣味でやってきた絵を描くことがだんだん求めてくれるひとが増え、仕
  • 事になっています。
  • わたしは、自分らしさを守り、自分にしかできないことができています。
  • わたしは、それなりにお金に恵まれたおかげで、余裕をもって生きることができています。
  • わたしは、自分の気持ちをたくさんのひとに伝えることができています。
  • わたしは、これから先もたくさんのひととの出会いにつきることなく、恵まれた人生が続
  • いていきます。

アファメーションをするうえで7つの重要ポイント

アファメーションとは、『肯定的自己宣言』です。

大切な本質的な話ですので、なんどもいいますが、
こうありたいというあなたの理想の姿を思い描いて、すでにそうなったとして想像し、声にだし、言葉にまとめ高らかに宣言するのです。

すでにそうなったとして想像して、もう現実に手に入れたものとしたらいいんです。

これが、アファメーションによって理想的な姿があなたの脳の潜在意識に書き込まれ、自然に、無意識的に、意識だけが外界をとらえて、勝手に思考を修正し、行動に変わっていける方法です。

地球の運動は、一億年たっても変わらないように、ひとが理想的な姿にするには、今も昔も何も変わっていないです。

つまり、思考が感情に。そして行動に、経験から修正に、の流れです。
この流れができると、前述しましたが、あなたは絶対に今が幸せだということができるようになります。

  • わたしは、今気づいています。
  • わたしは、今愛につつまれ、満たされています。
  • わたしは、今すべてのことに感謝しています。
  • わたしは、今自分を愛しています。
  • わたしは、今愛に満ちあふれています。
  • わたしは、今自由に生きています。ワクワクして生きています。
  • わたしは、今一番幸せです。

これらが7つのアファメーションです。この7つを唱えていけば、潜在意識はあなたのからだに適切な神経伝達物質を運び、勝手に行動を起こします。

わたしもそうでしたが、これらの7つを唱えることなんてなく、現実をネガティブな見方でずっと闘ってきてましたよね。
『なんで自分はこんなにダメで、なんで自分を変えることができないんだ』ってね。

この7つのポジティブなアファメーションを現実がどうであれ関係なく、ただ唱えるといいです。
目的は、脳の潜在意識に未来を先に予測させるためです。

この7つのアファメーションの言葉がどんな風に構成されているのかの基礎項目を説明します。

  • 現在形で作ること
  • 肯定系で作ること
  • なるべくわかりやすい言葉にする
  • 実現したらワクワクするような内容にすること
  • 願望の形は使わないこと

 

これらがアファメーションする際に実践してもらいたい基礎事項です。
わたしもそうですが、適当でなんとなく自己啓発もどきをやってきてます。

嫌な出来事があったとき、自分を前向きな気持ちにするために、自己啓発やスピリチュアルな内容の本やネットの記事を読むことをしてきています。

あなた自身で適切に情報を取り入れることで、基礎項目から外れた言葉を見てる可能性があります。
上記の基礎項目から外れた自己啓発的な言葉はネガティブなアファメーションなので、潜在意識は未来でなく過去につながっているのです。

あなたが脳で知っているアファメーションを1度クリアにしてください。
これから適切な自然にあった未来にする(思ったことが実現する未来)ために、アファメーションの基礎を知って、脳を修正しましょう。

アファメーションの作用が起こるのは、潜在意識であることを知ってください。
ポジティブなつもりがネガティブなアファメーションになっていても、潜在意識にその情報は届けられていきます。

アファメーションは願望ではなく、もうすでにできているものとして、潜在意識に先に未来を作ってあげます。
アファメーションの言葉に願望をいれないようにしましょう。

『これから◯◯したい』という言葉にすると、肯定系でなく否定系のアファメーションになっているんです。
わかりますか?

これからしたいってことは、今のあなたはできていないという表現なのです。
だから、なんどもこのような否定系で言葉にすると、ずっと『できてない自分』を潜在意識は理解し続けることとなるのです。

あなたはもう理想の未来を現在形で行なっており、肯定系でこれからもずっと叶い続けます。

潜在意識にあなたの肉体が引き寄せられるというのが、真実の世界なのです。
潜在意識は真実であるか真実でないのかはわかっていません。

空想や幻想であっても潜在意識で世界が作られるとそこに引き寄せられるもの。
そして、潜在意識は、今を中心に情報を集めていきます。

これが願望にした言葉になると、『いつかなりたい』となり、潜在意識は、『今、なれてないんだね』となり、今が中心ととらわれ、今のまま潜在意識はそのままの世界を維持していきます。

あなたはもう実現し、やっているんです。

あなたが叶えたい自分は潜在意識で先に作らないといけないのです。

ただ、想像する未来がワクワクしないと潜在意識もそこまで反応しません。
あなたが想像できるワクワクさ、気持ち良さ、快楽がないとそんな未来必要ありませんよね。

ポジティブアファメーション;わたしは、今気づいています

女性が夕暮れに瞑想して自己肯定感を高める
わたしは、今気づいています。

漠然と不安なとき、これからどうして生きていけばいいのかと考えるときのように、モヤモヤしたときに、このポジティブアファメーションを唱えましょう。

あなたにとって現実ってほんとうの現実なのか?
この問いにあなたは自信をもって『現実だね!』って言えますか?

現実はあなたの潜在意識を通したフレームなのです。
潜在意識は事実や真実をとらえずに、あなたの世界で見えることをまとめています。

あなたから見えているのは、潜在意識のフレームを通して見えた世界です。
だから、現実は書き換え可能なのです。

アファメーションは、1日10回以上やるのが良いでしょう。
何千回もやってしまうと、1回1回が薄くなるので、こころが自分に向いているときに、
『わたしは、今気づいています』と唱えるようにしましょう。

アファメーションは、念仏や呪文のように『ブツブツ・・』自分の意識が弱いのにやっても潜在意識は反応しません。
1回ずつこころをこめて唱えることです。

アファメーションが書かれた記事や書物を見ると、1000回や1日に1万回がいいとか書かれてますが、アファメーションの効果は回数ではありません。

知的欲求MAX女の子
念仏や呪文のようにアファメーションしないほうがいいんだね。わたしは、いつも前向きに生きなきゃって唱えてたよ

『わたしは、今気づいています』を唱えるのが良いタイミングは、あなたがふとゆううつな気分になっているときです。
ゆううつとは、どんな状態であるのかというと、無意識にネガティブなアファメーションが行なわれています。

無意識なので、ネガティブな言葉でならべられた論理は、それが現実のように思いますが、潜在意識の中の現実です。
何かに不安や焦りの感情がうまれたことで、自分というものをまとめる作業に入るのです。

ゆううつなときに、『わたしは、今気づいています』を唱えると、ポジティブに切り替わりやすいでしょう。
ゆううつなときは、自分のダメなところを探して言葉でまとめるので、そのようなときに『わたしは、今気づいています』と唱えるのがいいのです。

いつどんなときも、『今、ここ』でのあなたの思考や感情気づいていること。『今、ここ』に生き、『今、ここ』でできることに集中することが幸せになれるポイント。

『わたしは、今気づいています』は『今、ここ』に意識を向けさせる言葉です。
肉体に意識を向けると、肉体の感覚が高まり、肉体と意識がわかれます。
そうなると、肉体がいつもあなたを安定させてくれるので、肉体から離れた意識は、ポジティブアファメーションを実践してくれます。

その理由は、肉体と意識がつながり合うと、肉体を維持する目的でエネルギーを使います。
肉体のために消耗したエネルギーは、意識のために使う量が減ってしまって、意識は主体的になれません。

ネガティブアファメーションも肉体と意識の分離ができないときに起こります。
つまり、肉体が疲れていたり、姿勢が悪くなり、からだが重心を作れないと意識は肉体に向かっていきます。

意識は、脳では前頭前野(ぜんとうぜんや)っていう部位です。
ポジティブアファメーションは、前頭前野を主体にさせるために行ないます。

呼吸法やヨガが精神的にポジティブの作用をうむのは、肉体と意識を分離させることで、意識である前頭前野が主体になることができるからなのです。

ポジティブアファメーション;わたしは、今愛につつまれ、満たされています。

ポジティブアファメーションでわたしは今愛につつまれています。
あなたの身に不幸な出来事や挫折感を味わうようなことがあったとします。
ポジティブアファメーションを知らないときなら、ジッと自分と向き合って、素直に反省したことでしょうね。

それでうまく事情が好転した経験がないはずです。反省をして、目の前に現れた困難を知って諦めて、目標をなくしてしまっていたでしょう。

目指していた試験や目標とした売上が達成すできずに入ってくるはずのお金が入ってこないなどの目に見える困難があるときに、唱えてほしいのが、『わたしは、今愛につつまれ、満たされています』です。

今あなたが抱えてる困難は、愛につつまれているから、絶対に乗り越えることができます。
問題に直視しないようにして、まずは愛につつまれているイメージをもちましょう。

夢を追うあなた
わかった。今仕事でうまくいかなくて自分にはこの仕事が向いてないのでは?って思ってた。わたしにはがつつまれているんだね。温かい気持ちになれる

愛につつまれていると、あなたは自分にたいして優しい気持ちになれます。
自分を無条件に許すことができます。これまでいろいろあったけど、あなただけに問題があったのではなく、世の中は複数に事象が関連してますから、そんな影響もあるって思えるようになります。

これで、マインドフルになり、自分の問題を解決できるものとして、思うことができます。

潜在意識は、解決するためにふとしたときに課題として引き寄せます。
大きくとらえ、表面的に見ると、トラブルや問題として見えてくるのですが、あくまでも乗り越えるために用意された課題。

ポジティブアファメーションを唱えておくと、ネットのニュースの中の何気ないニュースをみても、潜在意識は自分の課題として引き寄せます。

そのニュースがわたしを問題にした内容ではないのですが、わたしにも考えたほうがいいと思われるものなら、マインドフルであると、そんなところにも潜在意識は作動します。

これもポジティブアファメーションの力です。
世の中をみているのはあなたではなく、あなたの脳の潜在意識です。

ポイント

わたしはいつも世の中の問題というものを自分のことのように考えてきました。最初は根拠はわからなかったのですが、こころが満たされる感覚があったので、そのまま続けていこうと。自分にたいして考えるのは情報をインプットすることですが、気持ちがいい感覚で得た理解を、わたしの仕事はパーソナルトレーナーだから、女性向けに悩みを解決する記事を書こうと思ったところ、潜在意識がいつも問題をとりあげ、それが知らないうちに自分の課題になっていて、しかも振り返ると課題がどんどん解決sれてきていたのです。そのとき、あーわたしはかなり成長してたんだって思え、かなり先に進んでいると思えて、こころの余裕がとても生まれました。これから先、わたしは思った夢を実現できるって確信がもてるようになりました。

『わたしは、今愛につつまれ、満たされています』は、トラブルや困難があったときに、それらからあなたに合った課題にしてくれるアファメーションです。

ポジティブアファメーション;わたしは、今すべてのことに感謝しています。

ポジティブアファメーションでわたしは今感謝しています

すべての事象にはいろいろな側面があり、さまざまな方向から考えることが必要

わたしは、月に200人以上のお客さんをみています。ひとりひとりと向き合い、こころの近くまで寄り添い、言葉を重ねて、感情に運動をあたえ、反応をみます。
そして、そのひとと一緒にありのままに『そんなこと考えてるんだ』と傾聴して、喜びあいます。

それがわたしのこころの調子によっては、うまくできないときがあります。
『ウーン、今日は疲れてるな』って自分で実感しては、自分を高めなおそうとして、気持ちがいい対応しなきゃって思いかえしています。

こころの調子が悪いときは、潜在意識がネガティブな方向をみずから見つけにいっています。
潜在意識がネガティブアファメーションをして、わたしの今をネガティブにまとめて、納得させようとするのです。

わたしが聞くお客さんの話を、ネガティブアファメーションが働いてるときには、ひとつの側面でしかみていません。
だから、どんどん窮屈になってしまって、お客さんの潜在意識にもネガティブのスイッチをいれてしまって、よくない関係になっています。

お客さんは自分のネガティブな部分を、信頼できるトレーナーに素直に吐き出してるだけなのに、わたしがそれを聞いて、自分の問題にしてネガティブだけの側面でとらえるので、しんどくなるのです。

ひとが話すネガティブな話→ネガティブをポジティブに変えてほしい欲求→わたしがトレーナーという信頼でそこを切り替える

うまくひとの話が聞けないのは、わたしに余裕がないからですが、潜在意識の使い方がネガティブになっているからです。
そんなときに、やったらいいポジティブアファメーションは、『わたしは、今感謝をしています』です。

そもそも、今のわたしが好きな仕事をして、それぞれ仕事も家庭も生き方も違うひとに出会い、こころに秘めている感情があらわれてくる瞬間に出会えるなんて。こんな状況に感謝ですよね。

今の生活に満たされず、しんどくなっているなら、潜在意識はそこに意識をむけ、課題にしてくれているのです。
今に感謝があると、すべてを受け入れることができます。

多くの女性が、好きな仕事ができてるひとはほとんどいなくて、仕事で頑張った分それに相当する給与がもらえるわけでもない現実があります。
その現実とまっすぐに向き合うと、何かが解決するのかというと、こころの安定がないのにできるものではありません。

嫌なことが多いと感謝する部分を見つけだせないこともあるでしょう。
でも最初は、今を感謝するってことを実践してみます。

何に感謝するの?ってところは置いておき、とりあえず感謝する。
そのうち、いつも抱えている自分の弱さや現実のシンドさが軽くなってくるでしょう。

細かい事象について感謝するのはそのままにして、今こうしてネガティブとポジティブの要素の両方もたせてくれているところに感謝をします。

当たり前になっているのをそのままにしておくと、あなたの生活を支えてくれているのですから、感謝してあげないとこれから助けてくれないかもしれないですよね。

ネガティブな要素=潜在意識がポジティブアファメーションで課題にかえる

ポジティブアファメーション;わたしは、今自分を愛しています。

兄弟愛のようなポジティブアファメーションをする
生きているとどうしても自分の都合どおりにまわりが動いてくれない状況に出会います。

  • どうして自分ってダメなんだろう
  • どうしてあの人ばかり夢が叶うんだろう

人の多くは、この二つの思考に入っていきます。

自己嫌悪他者非承認です。

これであなたは自分を愛する気持ちになれなくなります。
自己嫌悪とは、自分を嫌いになる感情でほんとうは自分を愛したいのに嘘をつくことです。

他者非承認は、自分を愛せないがために、人が自分を愛せないようにすることです。

自分を愛することで、自己嫌悪と他者非認証も解決できます。

自分を愛するって自己愛みたいに思いますよね?
自分を愛するというのは、

ポイント

あるがままの自分を客観視して理解する

客観視だから、肯定も否定もないニュートラルなところすべてを受け入れます。
『こういうときにわたしは、こう考えるんだ』

カウンセリングで行なわれる技法では、傾聴(けいちょう)といいます。
思っている感情を言葉にして、聴いてくれるカウンセラーは、
『あなたの思ってる気持ちは、自分にたいして悲しくなったのですね』
と聴き入れます。

この傾聴をあなた自身でポジティブアファメーションですべてを受け入れます。
それが、『わたしは、今自分を愛しています』です。

これを唱えることで、あなたが親から受けた愛のレベルが自分の愛のレベルだったのが、
あなたが自分でありのままの愛を育てることができます。

これができると、自分で自分が好きになれ、ネガティブとポジティブの感情をそれぞれ受け入れられるようになります。
他者にわざわざ認められる必要がなくなるので、自分で自分を支えることができます。

すると、他者にいつも自己評価を依存しないと不安だったのが、自分で自己修正することができます。
これを、自己承認性といいます。

この自己承認性は、物事の中心が他者や全体だったのが、自己になり、自己肯定感に直結します。

女性が自立して起業すると、世界からの評価、自己評価のバランスがよくなり、幸せが手に入ります。
これを、女性の自己の価値を上げるセルフブランディングといいます。
セルフブランディングできる女性になろう|自己修正力をつけ人を惹きつける。に書いてますので、また読んでみてくださいね。

女性がセルフブランディングで自己修正力に
セルフブランディングできる女性になろう|自己修正力をつけ人を惹きつける。

続きを見る

わたしの経験からも実証できています。
ありのまま受け入れるには、ポジティブアファメーションが必要です。
自分の嫌なところや、ある行動にたいしてそうややりたいって思っているのでできないところなどをあなたの短所と今までどおりにとらえると、自己否定してしまいます。

ひとができてないことがあっても、それは気づきであり、改善できる課題です。
ネガティブなんかではありません。

ポジティブアファメーション;わたしは、今愛に満ちあふれています。

わたしは、今愛に満たされていますとポジティブアファメーション
自己肯定感が弱いと、自分を愛せないし、他者も愛せません。
それでも自分を維持しておくために、他者に依存します。

他者からの称賛や良い評価がほしくなります。
他者の前で自分を演じるようになって、称賛や評価のために行動します。

仕事では、上司や同僚にアピールすることが、勘のよい他のひとからは気づかれます。
アピールが強くなることが、周囲からは嫌味になることもあって、人間関係によるネガティブの運気が持ち込まれます。

つまり、
愛は相手を満たすことで、自分が満たされる行動なのです。
自分の称賛や評価のために行動するのでは、あなたが満たされるわけはなく、相手が満たされたと想像するレベルが高いほど、あなたはこころが乾いてしまう。

すると、満たされないこころの乾きが強くなり、また相手の称賛や評価が高くなる行動にはしり、永遠と繰り返していきます。

理想の未来が描けても、それが手に入ったときに喜び、快楽がないと潜在意識も動きださず、あなたの行動には発揮しません。

こころ(脳)のメカニズムを見れば、健全なものでないのがわかります。

自分の欲求をおさえて他人の欲求を優先し、自分の意見を殺して、他人の意見に従おうとしてしまう。いい人を演じることで他人からの関心を得たいと思ってしまう。

結婚して離婚にいたる夫婦は、女性が男性の満たしてもらおうと頑張ってしまうことで、女性が自己否定感を抱えきれなくなっていくのが原因です。

愛だと思っていたのが、愛ではなかった。
離婚をしただけでは、愛の構造がわかったのではないので、また恋愛しても同じ自己否定感が高くなります。

『わたしは、今愛に満ちあふれています』とポジティブアファメーションを唱えると、今まで出会ったひとから100%の愛を受けてきたという仮想現実ができあがります。

あなたは、現実に受けてきた過去の出来事にこだわりすぎてました。
現実に出会ってきたひとたちに、自分の人生を依存していました。

出会ったひととは、

  • 実の親
  • 親戚
  • 同級生
  • 友人
  • 仕事の上司
  • 仕事の同僚

ポジティブアファメーションは、脳の潜在意識で現実をみる目を変えます。
仮想現実をつくり、脳の行動プログラムさせ、自然に現実を行動によって実現させていきます。

愛情を家庭環境によって受けた深さがそのひとの愛のレベルとなる。
これが、精神分析家フロイトが考えた親子関係による心理的な倒錯(とうさく)です。

倒錯(とうさく)とは?
正常の状態に反した行動傾向,特に社会に非難される性的に特異な行動傾向をさす。性的倒錯ともいう。フェティシズム,サディズム,マゾヒズム,露出狂などを通常倒錯とするが,特定の文化,社会ないしはある条件のもとで非難されたものが,ほかでは許容されることがありうるため,絶対的な概念ではない。精神分析学では,性愛の成熟段階における発達阻害にその原因を求め,先天的因子 (倒錯体質) と後天的因子 (幼児体験) を発達阻害の契機にあげている。

でも、このフロイトの理論を信じると、粗末な愛に育てられた子どもは、愛の不足をなげき、一生幸せになれることがないと考えるしかありません。

この理論をくつがえせたのが、ポジティブアファメーション。
自分で愛を作ることができます。上記したこれまで出会ってきた他者からあなたは影響を受けてきました。

愛が不足したあなたは他者が恵まれてる話を聞くと、うらやましいって思ってきました。
しかし、その他者はあなたより優位に立とうとして、話をふくらませていたかもしれません。

ほんとうの真実をおたがい知らないのに、競争しあっていた。
こんな中で知ったことなんて、なんの役にも立たないものですから、今までの人間関係で経験してきた常識をすてないといけないんです。

『わたしは、今愛に満ちあふれています』と唱えましょう。
自分で愛の世界をつくり、脳に行動を生み出していけると、過去の経験やトラウマなども改善します。

つまり、ひとは過去の経験がベースになって行動プログラムを作っていたから、あなたの現実は望むものになっていなかったんです。

わたしは、今自由に生きています。ワクワクして生きています。

女性がワクワクして生きるポジティブアファメーション
潜在意識はワクワクして、ひとに喜ばれるための行動をしたら、ポジティブに反応します。
意識の中で自分に言い聞かせても、ワクワクが感情で立ち上がってないと、潜在意識はネガティブのまま。

ワクワクという感情でしか、潜在意識は切り替わりません。

あなたが今やっている会社の仕事はどうでしょうか?
おそらく、ワクワクはなく、イヤイヤやっていることでしょう。

会社の仕事ですので、ミスさえなければ、評価が下がることはないので、そこそこでいいと思います。
わたしのお客さんでたまたま大きな仕事を受けるタイミングで、四苦八苦していました。
給料は変わらないし、会社のルールとして残業できないので、毎日時間に追われています、というのが事実みたいですね。

今、会社に雇われているひとは、ワクワクを自分の未来に使ってください。
会社の仕事をワクワクにすると、会社がこれから業績が落ちてきたときに、会社と依存関係になっていると、同じ負を背負わないといけなくなりますから。

  • 嫌だからやらない。
  • 嫌だけど、引き受ける。
  • 主体的に引き受ける。
  • ワクワク引き受ける。

長年、会社に属していると、2番目にあげた『嫌だけど、引き受ける』という経験をしてきています。
ワクワクやるなんて、この世にありえないと思ってるのです。何度も嫌なのに我慢して引き受けてますからね。

この我慢は、称賛や評価を求める他者依存になります。
それで、嫌で引き受けたネガティブの感情の量にたいして、同じだけのポジティブの称賛や評価がないと、
精神的に落ちてきます。

わたしは、こんなにもやってあげたのに・・

これは、あなた自身のエネルギーを失うことになり、自分で考えて、行動するエネルギーがなくなります。

生活の中でやっている行動を、主体的に引き受ける実践をしてみましょう。

  • 部屋の掃除
  • 洗濯物を干す
  • 部屋の中でなくなりそうな石鹸、トイレットペーパーなどを変えてあげる
  • 仕事で仕事がスムーズになるように準備してあげる

潜在意識が他者の依存でネガティブになっているなら、誰かがわたしのためにやってくれるのを待ってくれます。

一緒に住んでるひとがいるなら、そのひとのために。
ひとりで住んでるなら、別に住む親のため、友人のために。
仕事場なら、同じ仕事をするパートナーのために。

最初は、今までのように他者に称賛や評価を求める感情で行動すると思います。
そのとき、自分で気づいてください。『あっ、わたしってほんとうにひとのためにやっていなかったな』って。
気づけば、完全にその行動がなくならなくても、潜在意識はポジティブに切り替わります。

現実は、潜在意識が仮想で作ったものにすぎないのですから。
気づきができたら、『この作業をわたしは、主体的にやります』とアファメーションしましょう。

わたしも、これまで『ひとのためにやっていた』って思っていた行動が違っていた経験がたくさんあります。

ひとのためにと脳は思っていたのに、実際は、自分を満たすためでした。
わたしがやってきたパーソナルトレーニングの考え方を多くのひとに伝えたいと思って、この記事を書いています。

ネットにホームページとして発信しています。
ネットに関してはわたしは素人なので、Googleで調べながらやっています。

ネットには、たくさんのフォロワーがいるブロガーさんや、同業種でも売れてそうなパーソナルトレーナーのホームページに出会うことになるので、自分がまだまだなのが思い知らされます。

そんなときに、『こんなに自分はやっているのに!』ってしんどくなり、敗北感が出てくるのは、わたしが自分のために記事を書いていることの脳の反応なのです。

もっとお客さんに出会ってわたしのパーソナルトレーニングの考え方を伝えたいと思う気持ちが、

  • 主体的に引き受ける。
  • ワクワクしながら引き受ける。

でないと、読んでくれたひとのためになる記事は絶対に書けません。

そんな余裕のない自分に出会ったら、気づけばいい。
『あっ、今のは自分のためだったな。今やっているのはすぐにひとには伝わらないけど、主体的に引き受けるよ』

これもポジティブアファメーションの繰り返しで、潜在意識は自動的にポジティブになります。
主体的からワクワクに変わっていきます。

ワクワクが潜在意識で出てくるのは、主体的に引き受けることを繰り返していくあたりで、ちょうど噛み合ったように、ひとがあなたを自然な気持ちでちゃんと評価してくれます

  • ひとのためと思ってたら自分のためにやってた自分の行動が出てきたら、そんな自分もいると気づく。
  • 主体的に引き受けるを繰り返していくと、あなたをひとが評価する時期と自分でワクワク時期が同じぐらい。

ポジティブアファメーション;わたしは、今一番幸せです。

女性がポジティブアファメーションでわたしは、今幸せです
今を生き、
今、目の前の課題に集中。
自分自身を愛し、
あなたの願望を潜在意識にアウトプットし続ける。

すると、あれっ?
今、生きてる現実世界は、あなたが思っていた願望が叶っていたんだ、ってきづく。

あなたは自分で幸せになる以外の方法はこの世にはありません。
あなたが今幸せでないのは、未来の自分を潜在意識がネガティブに想像するからです。

その想像が現実化されています。
もっとお金がもらえたら、もっといい生活ができるのに?って思っているなら、もうすでにその願望が叶っている現実が今あるのです。

生きることはひとというエネルギーをもった物質のかたまりがこの世に発信する結果です。
脳は潜在意識のまま世の中を見て、行動をひとにさせ、その結果が現実です。

今の結果はあなたが作ってきたものです。
ただ、知ってもらいたいのは、
今の現実がネガティブな結果であっても、あなた自身を責めてはいけないのです。

潜在意識がそう思っていたんだから、そこを書き換える実践をするところからスタートしましょう。
責める必要が人生の時間んロスとなります。わたしもそうですが、ポジティブアファメーションを覚えても、後悔する部分はつきませんので、そんなときは、またそんな自分に気づけばいいです。

潜在意識をポジティブアファメーションで、願望を宣言すればかならず変わります。
最後のポジティブアファメーションは、
わたしは、今一番幸せです』です。

『わたしは、今一番幸せです』

『わたしは、今一番幸せです』

この記事で書いたポジティブアファメーションをあなたの日常生活に取り入れてもらえると、最後の『わたしは、一番幸せです』がわかってきます。

その感覚から、このポジティブアファメーションをすると、もっとあなたは幸せな毎日が待っています。

ひとが生きている価値は、あなたにとって幸せな人生にすることです。

幸せとはなんでしょうか?
あなたが好きなことを仕事にして、それを世の中のためにアレンジして、ひとと出会い、ひとにあなたの価値を受け入れてもらえ、買ってもらえる。買ってくれたひとはあなたの好きな仕事によって喜びとなる。

これが、わたしが言いたい幸せの定義です。

まとめ。ポジティブアファメーションで幸せになる

  • 自己主張しても他者から受け入れてもらいやすい
  • 自分の気持ちを理解できるから、他者に気持ちも理解できる

 

ポジティブアファメーションで自己肯定感を高めることができます。
自己肯定感が高くなると、あらゆる生活がスムーズに進みます。

  • わたしは、今気づいています。
  • わたしは、今愛につつまれ、満たされています。
  • わたしは、今すべてのことに感謝しています。
  • わたしは、今自分を愛しています。
  • わたしは、今愛に満ちあふれています。
  • わたしは、今自由に生きています。ワクワクして生きています。
  • わたしは、今一番幸せです。

 

これらが、自己肯定感を高めるポジティブアファメーションです。
ただ言葉にして唱えるだけでいいです。自己肯定感が弱いひとは、潜在意識がネガティブの方向にシフトしているからです。
ポジティブアファメーションで、未来の自分を潜在意識から仮想現実で作ります。

その自分に脳は行動プログラムを作り、結果を生みます。
結果を出すために努力するのではなく、潜在意識をポジティブにする努力によって、脳が勝手に行動を作ってくれます。

ひとの最高司令部が行動を作れば、挫折もないし、継続しなくなることもありません。

あなたの価値をつうじて得たひと、仕事、お金が、あなたの幸せのレベルとなります。

好きなことを探したい女性は、次の記事で書いてますので、ぜひ読んでくださいね。

自分を好きになる方法を脳の専門的トレーナーが解説!これで人生が輝く

女性ポジティブRAS
自分を好きになる方法を脳の専門的トレーナーが解説!これで人生が輝く

続きを見る

あなたにだけ教えます!悩みを解決し夢が叶う脳を上手にだます方法。

女性笑顔 網様体賦活系ポジティブ
あなたにだけ教えます!悩みを解決し夢が叶う脳を上手にだます方法。

続きを見る

セルフブランディングできる女性になろう|自己修正力をつけ人を惹きつける。

女性がセルフブランディングで自己修正力に
セルフブランディングできる女性になろう|自己修正力をつけ人を惹きつける。

続きを見る

人生は二度なし!好きなことの見つけ方 幸せと喜びの脳とホルモンの表現で知っていく実践。

アーチスト画家好きなこと仕事
人生は二度なし!好きなことの見つけ方 幸せと喜びの脳とホルモンの表現で知っていく実践。

続きを見る

こんなのでいいんだ!女性が40代から好きな仕事をしてお金も余暇も充実させる3つの行動。

女性40代好きな仕事脳見つける
女性が40代から簡単にちょこっと専門家になれる3つの行動|お金と余暇の充実のために

続きを見る

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
実践的哲学に入る前に、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

出張パーソナルトレーニング東京大阪

パーソナルトレーニング 快適な睡眠

からだを発達時に戻して姿勢を美しいセットアップさせる

からだを重力の中で安定させ軽くして皮ふと筋肉のセンサーを刺激する

女性が美しく痩せるには?重力のラインに垂直に持ち上げる感覚刺激の反復で美しい姿勢のシステムとホルモンバランスシステムを高める

ジムに行って痩せたとしてもお腹のお肉は取れない決定的な理由はからだへのストレス

コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる

コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値

姿勢改善で猫背のゆがんだ脊柱をコアコントロールでまっすぐに。姿勢を改善すると代謝システムが永遠に続く

女性を大地と結ぶBeauty-Core-Concept

BCC理論と他のパーソナルトレーニングの違い

takのパーソナルトレーニングにご興味ある方はこちらから問い合わせください

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-好きなこと見つける, 幸せ

Copyright© 40代女性専門 出張パーソナルトレーナーtakのブログ。大阪・東京で活動。40代女性をコアから代謝アップ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.