女性の免疫 女性の生き方 女性の病気

女性が慢性疲労が続くと日常生活も困難になる自己免疫疾患のリスク

投稿日:

女性が慢性疲労が続くと日常生活も困難になる自己免疫疾患のリスク

知らない間に、慢性疲労を抱えてるかもしれませんよ。

慢性疲労はストレスのかけ方によって、からだとこころの両方に疲れがたまり、抜け出せない症状です。
そこまでで終わればいいんですが、若いうちはわからずに、女性が40代を超えてから急に悪化してきます。

ある日の朝、急に立てなくなったり、今自分が何をしているのかがわからなくなるぐらいのこわい症状が出ます。

慢性疲労を放置すると、いずれ自己免疫疾患に症状が悪化し、日常生活も快適に過ごせなくなります。

あなたがそうならないように、この記事では慢性疲労についての話と自己免疫疾患についての話と、ストレスについてをわかりやすく書いていきます。

この記事でわかること

  • 慢性疲労はストレスから来ている。
  • ストレスのかけ方を考え直す。
  • 慢性疲労を放置すると自己免疫疾患に悪化する。

慢性疲労は気づかない間に進行する慢性疲労症候群へのリスク

慢性疲労は気づかない間に進行する慢性疲労症候群へのリスク

慢性疲労は日常生活で休養を取っても、次の日疲れが取り切れず、自覚症状がある状態をいいます。
慢性疲労は長く続くと、血液内の疲労物質の乳酸などの酸性化された血液が免疫システムをコントロールできなくさせ、筋肉に力が入らない、筋肉がだるくなるなどの症状に発展すると、慢性疲労症候群になります。

慢性疲労は、疲労物質が血液内に出ているけど、筋肉の硬さがやや進行する段階です。
筋肉のだるさまで出て、歩くのが遅いと感じたり、立ち上がるのが辛いと感じたりがあるなら、慢性疲労症候群だといえます。

一時的なからだの反応なら、制御(コントロール)が効いてるので、また回復します。
それが慢性的になっていくと、あなたの自分の体内の回復力では難しくなるのです。

慢性疲労症候群になってしまうと、病院に行き、ビタミン剤などの薬をもらい治療する方法がありますが、わたしが見ている女性のお客さまに聞くと、変化があまり見られなかったといいます。

慢性疲労症候群という名称が付くぐらいなので、病院でもまだ治療方法が確立されていないようですね。

慢性疲労症候群どうかの判断は筋肉痛のような疲れ

慢性疲労症候群は、別名「筋痛性脳脊髄炎」といい、次のような症状があります。

  • 微熱
  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • リンパの腫れや痛み
  • 睡眠障害
  • 思考力低下
  • ひどい疲労感

慢性疲労症候群では、このような症状が半年以上続きます。
経験あると思いますが、風邪ぎみだけとこれまでひいた風邪ではなさそうな症状、肩コリからくる強い偏頭痛、または寝ても寝ても眠いみたいな症状は、慢性疲労を抱えているといえるでしょう。

いつもはちゃんとできている仕事でミスが増えているなら、慢性疲労の疑いがあると考えてもいいのです。

慢性疲労症候群は、筋痛性の脊髄炎が主な医学的原因で、遺伝的因子、ストレスによる神経、免疫の不具合だといわれています。
わたしとしては、遺伝的要因は確率は低いと考えており、この症状のほとんどはストレスからきているのです。

20〜50代女性に発症が多く、医学的な治療がなく、難病指定になっていないので、こうした症状が出るとどうしていいのかわからなくなりますよね。

でも、体内で起きてるストレスに対する反応ですので、一つ一つ要因を分析し、生活習慣の見直しをすると、改善できます。わたしのお客さまも、適切な見直しをすると改善してますので、安心してくださいね。

慢性疲労症候群はエネルギー産生のコントロールができていない

いつもなら日常的にこなせている家事や身体動作がだるくて仕方がなく苦痛を感じるのが、慢性疲労症候群です。
自分で判断するのも分かりにくいし、病院に行くと全身の検査をされ、それでも結果はよくわからないと言われるのがほとんどのケースです。

慢性疲労症候群は、

  • 何もやる気が起きず、からだを動かすこと、考えることがやりたくないしできない
  • ある程度いつも通り家事や仕事はできるけど、終わった後に極度の疲労感が出てしまう

どちらの症状が出ても日常生活の妨げになるのは同じですので、絶対にこのような状態なのは嫌ですよね。

わたしが慢性疲労症候群の判断として使っているのを紹介します。

  • お腹の筋肉に触れるとペコペコで弾力性がない
  • からだを運動を感覚で誘導するときにからだが落ちるぐらいカクンとからだが折れる
  • 話をして、話の内容が支離滅裂、論理性がない
  • 感情の浮き沈みが短時間で激しい

特に、お腹の筋肉の弾力性を見ると、慢性疲労症候群なのかがわかります。
女性はもともとお腹の筋肉のトーンが低く、骨盤が安定してない方が多いですが、触れてみるとその限度があります。

まったく骨盤を運動させても細かい運動が生まれないのであれば、軽度から重度の慢性疲労症候群であるととらえます。

慢性疲労症候群の改善方法とは?

ストレスが要因ですので、生きることについて根底から見直しします。
ビジョンと理念を描きなおし、現実世界があなたの未来とリンクしていないと、脳内のメカニズムがうまく作動しません。ですので、知性を使って、前頭前野という前頭葉の生きることの根本的なプログラムを作る部位を運動させ、そこの神経系を興奮させ、高めます。

それと同時に、症状の軽度、重度の差はあっても、脊髄炎のおそれがありますから、筋肉のトーンのコントロールができない状態です。そこを、皮膚のセンサーを皮膚接触で解放させ、そこから筋肉に接触しトーンの調整をします。

硬くて動かない筋肉が運動を作り出す補足運動野や前運動野などの神経系伝達を適切な感覚情報にします。
そうする関わりで徐々に改善してきます。

わたしの過去の記事で、ぼんやり脳が学習機能が最大になるという内容の40代女性が実践する自分磨きで効果が最高に出る方法|ぼんやり瞑想し静かにして学ぶこと。で書いてますので、ぜひ読んでおいてくださいね。

40代女性が自分磨きで効果が一番出る方法
40代女性が実践する自分磨きで効果が最高に出る方法|ぼんやり瞑想し静かにして学ぶこと。

続きを見る

皮膚接触で脳の視床下部から下垂体で産生し、放出される女性を安らぎと癒しを作ってくれるオキシトシンについて書かれた記事の女性を愛情を幸せにコントロールする脳内物質オキシトシンの増やし方があります。慢性疲労症候群の皮膚接触と関係していますので、ぜひ読んでくださいね。

女性が幸せになれる脳内物質オキシトシンの増やし方
女性を愛情を幸せにコントロールする脳内物質オキシトシンの増やし方

続きを見る

では、慢性疲労から慢性疲労症候群へ症状が悪化する話をしましたが、次に知っておいて欲しいのは、慢性疲労から免疫システムが壊れてしまう自己免疫疾患の話をします。

慢性疲労はひどくなると自己免疫疾患にかかる

慢性疲労はひどくなると自己免疫疾患にかかる

慢性疲労症候群は、脳と筋肉にマヒや弱化などの症状が出て筋肉に感覚をインプットさせる運動で改善します。
慢性疲労が筋肉に影響が少ないと自覚する機会がなく、その分血液の乳酸が長く蓄積していく状態から、免疫システムのコントロールを失う自己免疫疾患になることがあります。

自己免疫疾患は、免疫が自分自身を攻撃することです。ほんらいは、免疫は外敵であるウイルスに対して闘うのですが、この自己免疫の病気になると、自分自身の免疫が自分自身を攻撃します。

免疫システムは、あなたが生きる地球内で生きる自律的な機能をもつ小さな生き物です。
生きている細胞を食材にして生きていくので、あなたが生きるために欠かせない細胞もときにはエサになります。

これが自己免疫疾患。外敵だけを攻撃してくれて、生きることに必要な細胞は何もしないのを、自己寛容と免疫システムを医学は見ています。

自己免疫疾患は、自己寛容がなくなった状態で、生きるための細胞を攻撃し、がん細胞などの増殖する危険な細胞は攻撃しなくなることもあり、これはひとの生命の存続の危機となるのです。

免疫システムは、ひとが生まれる前後に胸腺で自己の抗原に反応するヘルパーT細胞がほとんど死滅するので、自己寛容が崩れる危険性がなくなっているので、ひとは生存力があります。

このヘルパーT細胞は少しだけ生き残ってるようですが、制御性T細胞がすべてコントロールしているので、活性化しなくなり、自己寛容は維持できます。

しかし、慢性疲労によってストレスがかかり過ぎると、自己寛容が崩れ、残っているヘルパーT細胞が活性化します。
これで発症するのが、自己免疫疾患、さまざまなアレルギー、がんなどです。

免疫システムが崩れて慢性炎症ががんの原因にという内容の記事が、ガンなどの病気のほとんどは慢性炎症の発生|ストレスフリーで慢性炎症撃退という記事がありますので、この記事を読むと免疫システムが理解しやすくなりますので、読んでおいてくださいね。

慢性炎症がガンのリスクに
ガンなどの病気のほとんどは慢性炎症の発生|ストレスフリーで慢性炎症撃退

続きを見る

細胞死した細胞を食べてくれるマクロファージの機能低下

自己免疫疾患の原因となる免疫細胞が、マクロファージです。

マクロファージとは?

食作用を有する細胞のうち,好中球を小食細胞と呼ぶのに対し,組織球や単球を大食細胞という。小食細胞が主として細菌を貪食するのに対して,大食細胞は異物,脂肪,細胞の破壊産物,色素などを貪食する性質がある。

マクロファージは普段は体内に侵入した菌やウイルスなどの異物を食べている免疫細胞のひとつです。
この役割以外に重要なのが、死んだ自分の細胞やがん細胞などを捕食することです。

自己免疫が自己寛容であれば、マクロファージは死んだ細胞だけを選択して食べてくれますが、これが崩れていくと前述したように生きることに欠かせない細胞を食べてしまうのです。

細胞が全身の他の細胞とのバランスを保ちながら運動を繰り返したなら、ある段階をもって細胞は寿命を迎え、死んでいきます。これをアポトーシスという細胞死です。

死ぬべくして死んだ細胞は、マクロファージにあるメッセージを送ります。
ここで知ってて欲しいのは、細胞の生命の役割はタンパク質を生み出すことです。

アポトーシスを迎えた細胞はタンパク質を生み出せないので生きている生物内で存在できなくなります。
そのために、アポトーシスした細胞は、細胞膜の外側にホスファチジルルセリン(PS)という物質を出して、死んだよと伝えてくれます。

PSが出されたのがマクロファージに伝達されると、食べてくれ、アポトーシスした死んだ細胞は体内から存在が消えます。こうしたマクロファージの機能で、全身がまた共同して生きるという目的を果たすための細胞運動を継続してくれます。

マクロファージはアポトーシスした細胞が出したPSをどうやって気づくのでしょうか?

これもちゃんと分子レベルでメッセージを受ける受容体があります。
マクロファージがもっている受容体は、PSを感知するタンパク質の「MFG-E8」です。
この受容体がPSをキャッチすると、アポトーシスした細胞が迅速な代謝を生んでくれます。

自己免疫疾患になるとがん細胞が増殖されてもマクロファージが食べてくれなくなる

しかし、自己免疫疾患になると、PSとMFG-E8が対応できなくなり、アポトーシスした細胞がいつまでも体内に残ったままです。

体内というのは、バランスという均衡(きんこう)で生きることを成り立たせています。

アポトーシスした細胞は全身で何%かを占めるなら、免疫システムはどこかの細胞を増やさないとと考えるわけです。
これが増殖という免疫反応で、これがいわゆるがんです。

こうなっていくと、悪循環になっていき、がん細胞を食べるのがマクロファージであるはずなのに、アポトーシスの細胞と向き合ってる間にがんは増殖してしまいます。

マクロファージは免疫システムを忠実に守ろうとしているので、アポトーシスした細胞に手がかかり、その間に全身を見守る機能がなくなるスキにがん細胞が増殖します。

タンパク質DNAが年齢と共に生産が落ちるのでマクロファージが機能低下する

前述しましたが、細胞の役割は生物体の生命システムを維持することです。

生物体が生きるには、それぞれの細胞がタンパク質を産生するのかで、これをDNAといいます。
アポトーシスされた細胞はすぐにマクロファージが食べて、なくさないとバランスが崩れます。

ポイント

アポトーシスの役割は?

  • 食べるべき細胞を感知すること
  • マクロファージにつなぎとめて体内に取り込むこと
  • 取り込んだ死細胞を消化すること

マクロファージは、アポトーシスした死細胞を食べて、消化してくれる反面、死細胞を体内につなぎとめておく専用の接着剤のようなタンパク質(Tim4)を表面にもっているので、1度崩れた免疫システムはなかなか戻らないのはこのような理由からです。

さらに悪化すると、マクロファージのTim4で死細胞をつなぎ合わせたのを体内にばらまいてしまうのです。
これは、免疫システムにとって最悪なパターンで、死んだ細胞のDNAがからだ中に飛び散ると、これががん細胞となっていきます。

ばらまかれたDNAは生物体を生かす使命を抱えているので強い免疫力をもっています。
死細胞とはいっても、DNAは良弱いまま生きているので、各エリアで暴走します。
この暴走が、慢性炎症といい、自己免疫疾患をはじめ、ひとを死に追いやる病気の原因です。

慢性疲労で起こる自己免疫疾患の病名とは?

慢性疲労で起こる自己免疫疾患の病名とは?

慢性疲労を長年抱えて発症する自己免疫疾患を3つここで紹介します。
自己免疫疾患の共通する免疫システムは、慢性的な炎症の発生です。

全身性エリテマトーデス(SLE)、ループス腎炎

  • 頬の蝶形紅斑と脱毛、微熱や疲労感などの全身症状が表れる難病。
  • 細胞核の成分と自己抗体(抗核抗体など)による免疫複合体が重要。
  • 20〜40代の女性に多く、寛解と最燃を繰り返す。

エリテマトーデス紅斑(こうはん)という意味で、両頬に蝶々のような形の紅斑(蝶形紅斑)が表れ、全身の臓器にも炎症が起こることから全身性という名前がついています。

この免疫系の病気は、全体の病気の統計で女性が9割で、発症年齢は20〜40代で、患者の40%が20代の女性です。

免疫が、自分の細胞核の成分であるDNAリン脂質などに対する抗体(抗核抗体・抗リン脂質抗体)をつくり、それらの成分と血液中で作った免疫複合体がいろいろな臓器に沈着し、そこで補体の活性化を伴って炎症を起こす自己免疫疾患です。

エリテマトーデスの症状

蝶形紅斑や、耳たぶ関節の裏側などにかゆみのない紅斑(円盤状紅斑)が表れたり、脱毛発熱(多くは微熱)、疲れやすい食欲不振といった全身の症状を伴います。

関節の腫れ痛みのほかに、免疫複合体が腎臓に沈着して起こる腎炎(ループス腎炎)、貧血白血球などの減少、精神症状などの多彩な症状を起こします。

エリテマトーデスの医学的治療

治療は炎症を抑える薬の内服が基本で、副腎皮質ステロイド薬非ステロイド系抗炎症薬免疫抑制薬などが使われます。
治療によって一時的に症状が改善(寛解;かんかい)しても、日光ストレス感染症薬の勝手な中止再熱するなど、寛解とさい再燃を繰り返します。

エリテマトーデスが発症する要因は、遺伝的因子と感染症や紫外線などの環境因子が関与しているとされています。

バセドウ病

  • バセドウ病は甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気。
  • 甲状腺を刺激する抗体と受容体の結合が引き金となる。
  • 甲状腺ホルモンが全身の代謝を亢進(こうしん)させ、疲労状態になってしまう。

バセドウ病は、甲状腺ホルモン過剰に分泌されてしまう病気です。
病名はこの病気を発見、報告したドイツ人医師のバセドウ氏にちなんで付けられたものです。

甲状腺はのどにある蝶々のような形をした内分泌腺で、そこから分泌される甲状腺ホルモンは全身の代謝を亢進させる働きをしています。甲状腺ホルモンは、下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)甲状腺刺激ホルモン受容体(TSHレセプター)に結合すると、それがスイッチとなって分泌が促進されるしくみになっています。

そしてバセドウ病では、何らかの理由で免疫のシステムが甲状腺刺激ホルモン受容体に結合する抗体(TSH受容体抗体)をつくり、甲状腺のスイッチを押し続けてしまうことで、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になってしまうのです。

バセドウ病の症状

甲状腺ホルモンが過剰になると、全身の代謝が亢進し、安静にしていても全速力で走っているような状態になります。

動悸(どうき)頻脈(ひんみゃく)息切れ多汗(たかん)食べても太らないまたはやせる手足体が震える暑がりになるといった症状が表れ、疲れ果てた状態になります。また甲状腺の腫れ(甲状腺腫)や眼球の突出、まぶたの腫れなども表れることもあります。

バセドウ病の治療

治療の基本は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬の内服です。
放射性ヨウ素の服用で甲状腺の細胞を減らしたり、手術で甲状腺を切除する治療が選択されることもあります。

アトピー性皮膚炎

  • かゆみを伴った湿疹が慢性に繰り返される。
  • 幼少期は顔の湿疹、思春期以降は膝や肘の屈曲部に症状が表れる。
  • 治療には、炎症を抑えるステロイド薬の外用と十分なスキンケアが必要

アトピー性皮膚炎の発症には、皮膚のバリアの機能の障害と掻痒(そうよう)、掻爬(そうは)免疫反応の3つの要素が複雑に関係しており、それぞれの要素に環境因子と遺伝的素因が関係していると考えられます。

皮膚バリア機能を司るフィラグリン分子の生まれつき欠損をもつ遺伝的要素の方は、高頻度にアトピー性皮膚炎を発症します。
免疫反応の主体は皮膚を掻きこわして誘発される自然免疫応答であり、皮膚から産生されるサイトカインが各種の免疫細胞を活性化していることがわかっています。

また、皮膚には黄色ブドウ球菌が付着して、アトピー性皮膚炎の増悪に強く関係しています。
その中でも自然免疫系が主体で、IgE抗体を介した1型アレルギー(獲得免疫)が関与するケースもあります。

アトピー性皮膚炎についてのわたしの過去の記事、赤ちゃんのお肌のかゆみからアレルギーにならないようにママがやるべき事 [徹底解明]は赤ちゃんのかゆみをトピックにしてます。

赤ちゃんお肌かゆみかわいい
赤ちゃんのお肌のかゆみからアレルギーにならないようにママがやるべき事 [徹底解明]

続きを見る

アトピー性皮膚炎発症する過程は乳児期に皮膚を傷つけたことから始まるはアトピー性皮膚炎が発症する原因は、乳児期に周囲の大人が子どもの皮膚に傷つけたという内容の記事があります。またぜひ読んでおいてくださいね。

アトピー性皮膚炎は慢性的な炎症反応が続くから起こる理由
アトピー性皮膚炎発症する過程は乳児期に皮膚を傷つけたことから始まる

続きを見る

これでやっと改善する!かゆみを断ち切る方法でアトピー皮膚炎の症状で傷ついた皮膚を回復させる。はアトピー性皮膚炎のかゆみによってひどくなるので、それを断ち切る方法について書いています。またこちらもお願いします。

かゆみを断ち切る方法で女性のアトピー皮膚炎で傷ついた皮膚を回復
辛いかゆみがアレルギーでも止める一番良い方法は掻くことと冷やすこと

続きを見る

アトピー性皮膚炎の症状

皮膚炎の多くはから始まり、手足の関節の内側などへと広がります。幼少期は赤く、じゅくじゅくした湿疹で、思春期以降には皮膚に乾燥が進んで粉をふいたり、ひび割れたりします。

ひどいかゆみで睡眠が妨げられたり、掻きむしって出血することも少なくなく、そこから慢性化すると、皮膚がゴワゴワと硬く肥厚(ひこう)してしまいます。

アトピー性皮膚炎の治療

治療は、ステロイド治療で炎症やかゆみを抑え、丁寧にスキンケアを行ないます。
ステロイド薬保湿剤は指示通り十分な量を使う必要があります。また日常生活の中で、食物やダニなどの悪化要因を取り除くことも大切です。

アトピー性皮膚炎の病態

環境因子ー黄色ブドウ球菌・温度・湿度。

汗・刺激=皮膚の破壊ー掻痒・掻爬ー痛みを起こすサイトカイン、アラーミン。

バリア機能障害ー抗原の侵入。

免疫応答ーサイトカイン。

慢性疲労を改善すれば、症状は悪化しないでいられる

慢性疲労を改善すれば、症状は悪化しないでいられる

慢性疲労症候群と自己免疫疾患にならないようにするには、ストレスのかかり方で体内の反応が違ってるのを理解し、現状を見直す自己修正です。

ストレスのかかり方は、自己成長するために避けられないのですが、ストレスがからだの負担だけであなた自身の未来にかえってこないのであれば、自分のからだを壊します。

  • 社会のルールに従うために自分を犠牲にして承認欲求をもらうためのストレス
  • 自分の未来のためのビジョンを果たす自分の不完全さを乗り越える努力でかかるストレス

まさに、慢性疲労症候群と自己免疫疾患は、終わりのないストレスをかけ続けた結果出る病気です。
未来のビジョンを果たすには、今の自分の知識やスキルを磨き、ストレスをかけないといけません。
これは、自分で見つけたビジョンのためのストレスなので、からだの調子に合わせて努力できます。

ところが、社会に認められるのが目的のストレスは未来に返ってこないので、自己犠牲を伴います。
このストレスの背景にあるのは、自分の弱さを小さい頃から認識させられ、それを満たすための承認欲求です。

ストレスマネジメントし生産性のあるストレスかどうかを見直す

ストレスのかかり方で慢性疲労を体内に抱え、代謝や免疫異常が起こるのですから、ストレスマネジメントしていくのが良いです。

生きるためにストレスは自己成長には避けられない要素ですので、未来に生産性のあるストレスであれば、慢性疲労になることはありません。

未来が目的のストレスは、あなたから見える理想的な未来を果たすための使われますので、エネルギーが循環します。
ストレスが体内に蓄積されず、未来に向かっていくためにエネルギーを消費しては、休養してまた滋養するという循環がなされます。

このようにすれば、ストレスのかけ方が変わってきて、慢性疲労症候群や自己免疫疾患は改善できます。
そのためには、あなたが脳で広がってるビジョンを見つけましょう。

ビジョンを果たすためには自分にストレスをかけ自己成長させる

ビジョンはあなたが脳にもっている超理想的な未来を想像して描くことです。

ビジョンを果たすために何をするのかが、理念といい、「何;what」でどんな事業活動(起業)をわかりやすい言葉にしてみましょう。

ビジョンは、感覚や感性。
理念は、理性や知性で数式的に組み立てます。

そうすると、脳の中がクリアになり、ストレスが生産的になり、循環や免疫はわたしのメンタルトレーニングの事例から証明しています。

まとめ;自己免疫疾患になると人生のビジョンが果たせなくなるから損をする

いかがでしたか?

この記事では、ストレスが原因となっている自分でまったく気づかない体内の自己免疫疾患のベースになっている慢性疲労について話をしてきました。

そもそもの原因は自分に対するストレスのかけ方によって、自己免疫疾患になっていくか、自己成長となって世界に認められるかという二つの世界が作られます。

二つの世界を生むストレスは、

  • 社会のルールに従うために自分を犠牲にして承認欲求をもらうためのストレス
  • 自分の未来のためのビジョンを果たす自分の不完全さを乗り越える努力でかかるストレス

この二つのストレスで、あなたが作っていく人生の劇場は天と地ほど違うものになるのです。

あなたの現状はどっちのストレスを自分にかけていますか?

自分の好きなことを仕事にして収益を得て、豊かな生活ができているひとはまだまだ少ないです。
そういう人生のモデルがまだあまりないので、自分を犠牲にして社会で認められることに収まっていくひとが多いですよね。

そうなると、ストレスをかけた分の報酬はほとんど返ってこないので、人生の時間を損していることになります。
そして、慢性疲労となり、人生の時間を喪失する自己免疫疾患になってしまうリスクがかなり高くなるのです。

そんな人生嫌ですよね?

慢性疲労がたまらないように生き方にしていく努力をしてみましょう。
今の自分の人生を振り返ると案外簡単に気づけると思いますよ。

あなたが今自分にかけているストレスが未来のための自己成長につながるのかどうかで自己判断しましょう。
世界にあなたが自分を発信して価値提供するために人生があるのです。

原意識を知るメンタルメソッドはこちらから

あなたは今も未来もこのままでは幸せになれません!

あなたに価値を与えて、幸せを追求し生きることの使命を高めます。

20年間のキャリアがあるパーソナルトレーナーとして、女性のお客さまを2万人以上見てきたtakが女性の感性と感情を脳科学にあてはめて見えてきた考え方を教えます。

今の仕事が面白くないと感じる女性

これから先の自分が見えない女性

欲しいものがあるのにお金がないから手に入れられてない女性

好きな仕事がしたいと思ってるけど何からしていいのかわからない女性

男性を好きになれず、結婚することに興味がない女性

面白いことがなくて生きてることがストレスになる

こんな女性に

親、学校、会社、友人から教えてもらった生き方ではあなたは絶対に幸せになれない。

女性に合った自己啓発やスピリチュアルな話は、本屋やネットに行けば、探し出せるけど、何かが違う・・
理解できるんだけど、生き方が変わらないから、現実も変わらない。

そんなうまくいかない経験がますますあなたらしさを失わせた生き方になっていく。

努力、我慢、継続、反省、計画、目標・・
これらは、社会というフィールドだけ通用する偏った女性を壊すルール。

あなたが生き方が変わらないのは、
あなた個人に合った脳のプログラムを使っていないから。

あなたの脳にはあなたなりの生き方のモデルが生まれたときからある!

そこに近づけるためのアプローチがメンタルトレーナーtakの個人セッションです。

takのセッションでお届けする考え方は、
どんなスクールに行っても聞けない話。

女性のための脳科学、幸せの概念、お金と仕事の関係性

これさえわかっておけば、あなたにとって

幸せになれ、人に喜ばれて価値あるお金が入り、知的欲求が高まり
あなたに与えられた有限な時間がストレスなく循環。

takメソッドを得ると、あなたがやっている今の実践での効果が右肩上がりに。

あなたの脳を書き換え、あなたから見える世界の見方のモデルチェンジで幸せに気づく脳科学とからだとこころをリンクさせる新メンタルメソッド

このメソッドは、脳科学に基づき、脳の学習経路を刺激して、自然反応であなたを変えることができます。

姿勢の美しい女性で難病を改善

女性を幸せにするための脳科学メソッドの内容

  • 世の中を作る物理的世界
  • 過去の自分の知り方
  • 時間空間の法則(未来→現実→過去)
  • 顕在意識と潜在意識
  • 苦痛系と快楽系のホルモンについて
  • 好きなことを仕事にする考え方

あなたはこれらを脳で書き換えないと、何をやっても幸せになれません。
あなたの脳で無理やりつながれた使えない知識を書き換えます。
すると、何もしなくてもからだから行動が変わっていく脳のシステムにしていきます。

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
からだを美しくするために、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

女性を美しくする コアパーソナルトレーニング

女性美しくパーソナルトレーニング 快刺激 触れる

女性美しいからだ 女性きれいになりたい願望

はじめて知った!女性が美しさは姿勢を発達時の運動をパーソナルトレーニングでセットアップ。


はじめて知った!女性が美しさは姿勢を発達時の運動をパーソナルトレーニングでセットアップ。

極秘情報!女性の美的は重力で。パーソナルトレーナーが皮ふと筋肉のセンサーを刺激。


極秘情報!女性の美的は重力で。パーソナルトレーナーが皮ふと筋肉のセンサーを刺激。

たくさんの女性が間違っている!女性が美しく痩せるには?ボディラインに垂直の感覚刺激で美しさを得る。


たくさんの女性が間違っている!女性が美しく痩せるには?ボディラインに垂直の感覚刺激で美しさを得る。

女性がジム通いでモチベーションの維持は日常をすべて忘れてストレス解消させる


決定的理由の発表!ジムに行って痩せても全然お腹のお肉は取れないのはストレス過多だった事実。

コア美人を目指そう|七回のコアトレーニングで永遠の美を手に入れる。


コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる。

コアトレーニングの効果は疲れにくい身体に|1日の質が120%になれる


コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値。

女性が抱える猫背を姿勢改善で治す方法をベテランパーソナルトレーナーが紹介


知ったあなただけ得をする!姿勢改善で猫背のゆがみを早く治し代謝不良の原因を回復。

女性を最短で美しくする七回完結の出張パーソナルトレーニングのカリキュラム。


女性を最短で美しくする七回完結の出張パーソナルトレーニングのカリキュラム。

女性の体内リズムを整えよう。触覚刺激で副交感神経、オキシトシン、α波で姿勢を美に改善。


女性の体内リズムを整えよう。触覚刺激で副交感神経、オキシトシン、α波で姿勢を美に改善。

takのパーソナルトレーニングにご興味ある方はこちらから問い合わせください

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人
アバター

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-女性の免疫, 女性の生き方, 女性の病気

Copyright© Sublime(サブライム)〜40代女性のための睡眠・呼吸・ホルモン・神経専門サイト〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.