うつ病 女性の病気

うつ病で朝動けない40代女性の改善には朝イチのセロトニン神経の活性化

投稿日:2020年4月8日 更新日:

うつ病で朝動けない40代女性の改善にはセロトニンの活性化

うつ病で朝動けない40代女性の改善にはセロトニンの活性化

うつ病にかかり会社を休んで心療内科で服薬をしていましたが、症状がマシになって仕事復帰したのですが、また精神的に倦怠感が出てきたので、仕事に行くのがしんどくなってきました。特に朝イチにからだが動けないほど重い症状があります。服薬の戻したくないので、何か良いアドレスがあれば教えてもらいたいです。

このような「うつ病で朝動けない症状」でお悩みをこの記事では解説します。

私は大阪を中心に女性限定で自宅出張スタイルでパーソナルトレーニングを21年実施してきましたトレーナーのtakです。

昨日まで少し疲れを感じていた軽い症状が、朝起きたらうつ病で動けなくなる症例が40代女性に10人に4人の割合で出ているそうです。40代でうつ病にかかり、朝うつ症状が強くて起きれない身体の不調にお悩みでですよね。

うつ病は朝心の状態が重くなるので、仕事ある日は会社に行くために起きないといけないのに身体が動けなくて、仕事に行けなくなります。意識では起きないとと強く思っているのに身体が動けません。

自分ではどうしようもないうつ病で朝動けないあなたの辛い気持ちはよく分かります。
私も仕事のストレスでうつ症状が出ている時期があって、昨日までは調子が良いのに、朝になると身体が動けず、仕事を当日休んでしまった経験で苦しめられました。

しかし、うつ病は脳内のセロトニン分泌が不足しているのを自律神経系に調整しないと自分で治すことは不可能なんです。だからと言って、うつ病が治らないのではなく、自然界のエネルギーを使えば、簡単に治すことができます。

この記事では、うつ病で朝動けなくて辛い症状を抱えてるあなたに朝早く起きるだけでうつ病が治る方法をお話します。

この記事を最後まで読んでもらえると、うつ病が治るだけでなく、メラトニンという睡眠ホルモンまで分泌が促進されrますので、睡眠リズムまで改善できます。

この記事を読んで分かること

  • うつ病で朝動けないのは睡眠中はセロトニンがメラトニンによって抑制されているため
  • うつ病はセロトニンが夜中に不足して朝すぐに高まらないために起こる
  • うつ病で朝動けないのは朝イチ外に出て太陽の光を浴びると改善する

うつ病が治ってたのにまた朝身体が動けない症状が出てきている

うつ病が朝起きるときに症状がひどい悩み

うつ病が朝起きるときに症状がひどい悩み

あなたのお悩みは、うつ病が抗うつ薬を服薬して治っていたのにまた朝身体が動けない症状が出てくることです。

うつ病の病状の特徴は、夜眠るときは身体が快調だったのが朝起きるとき身体が動けない、動きにくと感じる状態です。

あなたが最初にうつ病にかかったときも、夜眠るときの身体の状態は快調だったのに、朝起きると昨日の眠るときの身体の快調だった状態とは真反対に、身体が重く、時には倦怠感があったのではないかと思います。

うつ病は朝身体が重く動けなくて、仕事に行かなければと脳の認知機能は身体に起き上がって、顔を洗って、歯磨きをしてと毎日無意識に行なっている行動のプログラムを発動させていたのにできなかったのです。

あなたが最初にうつ病にかかったときと同じく、今回も仕事に行かないとと思っているのに、朝身体が動けないと認識して、いつもと何かが違っていると気づき、うつ病がまた出てるのだろうと知ったのです。

一度うつ病にかかり、抗うつ薬や自律神経の調整で改善してその後、仕事の生活に復帰して、またうつ病の症状が出てくる人がとても多いのです。

軽いうつ病から重いうつ病まで、心療内科で診察すると抗うつ薬をほとんどのケースで処方されます。
抗うつ薬は、脳幹の縫線核から分泌されるセロトニン、青斑核から分泌されるノルアドレナリンを強くする作用があります。

うつ病がどのような症状で発症するのか診断の基準が気になる方は、誰でもかかりやすいうつ病の診断の基準|あなたはどのうつ病にはてはまる?の記事を読んでみてください。

うつ病を治す薬でセロトニンやノルアドレナリンの分泌を高めていたので、そのような薬を止めるとまたうつ病の症状が出てくることがあります。

うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンの分泌が早くなり、一回の神経伝達物質が何度も頻繁に繰り返されることから、細胞に受け皿となるセロトニンとノルアドレナリンの受容体が次のその物質を欲してきます。

うつ病の薬は、セロトニンとノルアドレナリンの取り込みをブロックし、一回の神経伝達物質で受容体が満足してくれるように、コントロールさせます。

薬によってセロトニンとノルアドレナリンの量を増やすような方法ではなく、体内の神経伝達物質には1日に使用できる量には限りがありますので、そこを抑えてくれるのが薬の力です。

だからと言って、またうつ病の薬を飲めばいいというのを伝えたいのではなく、セロトニンを脳の神経細胞から自分の機能力で分泌できるような改善を考えていくことが必要です。

takの出張パーソナルトレーニング
大阪堀江・新町にお住まいの方限定の出張パーソナルトレーニング

堀江・新町限定出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

takのメンタルトレーニング
takのメンタルメソッドでメンタルから改善したい女性向けのメンタルトレーニング

takのメンタルトレーニング

うつ病で朝動けない症状を改善するには、毎朝日光を浴びてセロトニン神経を活性化

うつ病で朝身体が動けないと感じる症状を改善するには、毎朝夜明け前に目覚めて、日光を浴びて、セロトニン神経の活性化を心がけることです。

うつ病にかかり抗うつ薬を処方され、薬の科学的な作用によってうつ病の原因である脳内のセロトニン分泌をコントロールして改善していました。

セロトニン分泌をセロトニン受容体が要求し過ぎて、セロトニン分泌が追いつかないのがうつ病です。

つまり、セロトニン分泌を受容体の要求なしに、根本的にセロトニン神経が体内リズムによって興奮し、分泌できるようにします。

セロトニン神経は、自然界の振幅のある運動に反応、その運動とは太陽の光の自然界から自然発生する強い運動で、毎朝太陽の光を身体に受けると、セロトニン神経は興奮し、セロトニン分泌が高まってきます。

うつ病のかかっている人や過去にうつ病にかかった人もそれぞれ、脳内のセロトニン分泌を受容体が過剰にさせたという経験をしていますので、セロトニン神経の構造が変わるまで、太陽の光を積極的に受けるのが良いです。

仕事をしているとほとんどの仕事の環境が屋内ですので、仕事に向かっているときに少し浴びると、後は終業時には夕暮れですので、光を1日中受けずに生きている生活をしています。

セロトニン神経が反応するには、太陽の光がこれから昇ってくる夜明け前に目覚め、自宅の外に出るのがオススメです。

仕事に行く日は、朝用意をするため時間が少なくてバタバタするとは思いますが、うつ病の朝動けない症状を改善するには、夜明け前に起きてもらいたいです。

まだ日が空は明るく、夜がまだ完全に明けてしない時間に起き、外に出てみましょう。
空気が澄んでいて、大地の硬さを知覚でき、天があなたの身体を包んでくれる感覚がありますよ。

空気の濃度が一定な感じもしますし、夜明け前は風が少なく、寒い冬でもそこまで寒いとは感じないのが夜明け前です。

近くの公園まで歩いていき、その公園をただ歩くことで、徐々に昇ってくる太陽をあなたの身体が待っている環境になっています。

セロトニン神経は、母親の子宮で受精した後、妊娠3ヶ月の頃の胎児期に、神経胚(しんけいはい)が細胞分裂し分化すると、セロトニン神経の部位が作られています。

神経胚が発達上の段階である前脳、間脳、菱脳に分かれるのですが、菱脳から妊娠6ヶ月ぐらいに時間が進むと、小脳、延髄、橋と言われる脳幹が出来上がります。

この部位にセロトニン神経が高領域を持ち、発達する構造上の科学からもセロトニン神経を自然界の運動に近い運動ができるのだと確信できます。つまり、太陽の光が昇ってくる時間に身体を合わせるような、より自然界との繋がりを作ってあげることが、セロトニン神経の活性化に繋がってくるのです。

うつ病で朝動けない症状の改善には朝の光でセロトニン神経系を活性化する(メラトニンとの切り替え)

セロトニン神経は睡眠ホルモンメラトニンとともに朝と夜それぞれの覚醒と睡眠の機能を維持し、日中よりも特に朝イチで身体に日光を浴びると活性化しやすい神経伝達物質です。

セロトニンが太陽の光に反応し、メラトニンは暗闇に反応する神経伝達物質です。

太陽が昇っている日中、身体に光を浴びるより朝イチの光が活性化されやすいのは、自律神経が交感神経にスイッチされる明け方にセロトニン神経が活動しやすいからです。

どれだけ現代建築の環境で住んでいる人でも、太陽と地球の運動を体内の神経細胞は追いかけて、その自然界の運動から体内時計を整えます。
磁波で時間を調整する時計がありますが、まさに人間を含む生物の体内リズムを応用した科学だと言えますね。

セロトニン神経は脳幹の縫線核に複数のニューロンを持っています。
太陽の光を夜明け前から待つように身体を自然界に向き合わせるようにすると、セロトニン神経自ら運動を始めるのと、中脳の自律神経を調整する部位である視床下部が反応し、セロトニン神経にスイッチを入れます。

身体を自然界の直接向き合わせる環境にするとセロトニン神経自体は、神経胚だった胎児期から構造に組み込まれていたぐらいなので、セロトニン分泌を始めます。

それだけでもセロトニンは体内の神経ニューロンを興奮させ合いながら、全身に中継地点を持つセロトニン受容体に伝達します。

セロトニン神経が反応し、セロトニンを神経伝達物質に形を変え、神経線維を通じて電気信号を送って受容体が反応するのが、自然体の体内です。

うつ病は、環境から受けたストレスの多さに、体内がストレスを抑制しようとしてセロトニンの神経伝達を早くしてしまいました。

そこまでなら良いのですが、全身に中継地点を持つセロトニン受容体がセロトニン神経にもっと伝達し欲しいとメッセージを送ることで、セロトニンが神経伝達し過ぎて、強い抑制を始めてしまったのです。

夜明け前に外に出て、太陽の光を地球環境に立たせた身体を待ち、そこから太陽が昇る自然界の環境に身体を向き合わせます。

視床下部の自律神経系も副交感神経にスイッチが入っていた状態から、太陽に光を直接浴びて交感神経にスイッチできます。

交感神経にセロトニンは活性化しますので、自律神経も自然界の運動に調整されると、うつ病でセロトニン神経が強い抑制がかかることも予防できます。

うつ病で朝動けない症状が夜中メラトニン分泌が朝まで続きセロトニンが体内から減少する

うつ病の症状が出る時間帯で朝が特に多いのは、夜中は体内リズムのメカニズムで睡眠を促進するメラトニンが増え、覚醒を高める作用のセロトニンが体内に少なくなるためです。

セロトニンは光が身体に浴びることができる日中で体内に増え、夜になると睡眠ホルモンメラトニンが太陽の光に合わせてセロトニン分泌が徐々に減っていきます。
眠る時間になるとセロトニンは睡眠ホルモンメラトニンに切り替わり、ほぼ体内から存在しなくなります。

セロトニンとメラトニンが太陽の運動に合ってリズムを作ることが、覚醒ー睡眠リズムです。

セロトニンが日中体内で増えないなら、夜になってもメラトニンにスイッチできなくなるので、セロトニンは睡眠が十分に取れるかどうかも関連しています。

うつ病にかかるまでに、98%の人が睡眠障害を抱えています。
メラトニンが夜になると体内の増えないと睡眠リズムが作れませんが、セロトニンによって覚醒が日中に高くなっていないので、睡眠障害になっていくのです。

睡眠が十分に取れないと、日中の疲れを感じ、生産性が下がると最近は書籍も睡眠に関係するテーマで出版されてますが、睡眠を整えるには、覚醒の方が大切なのです。

セロトニンが日中に体内で分泌された量がメラトニンの量に比例すると生理学的に言われますので、うつ病にかかると同時に睡眠が十分に取れないという不眠症に繋がっていきます。

環境内のストレスでセロトニン神経が受容体に支配され、セロトニンの神経伝達を増やしでリズムが崩れています。
夜明けに近づくとメラトニンからセロトニンに切り替わるはずが、メラトニンは光に高速で反応し、体内からなくなります。
その時に、セロトニンが体内に用意されていないといけないのが、うつ病ではセロトニンが体内にない状態で目覚めを迎え、朝身体が動けないという身体の重さを経験します。

セロトニンが目覚めとともに体内に十分の増えていると、交感神経に反応するモノアミン系と言われる覚醒の神経伝達物質、ノルアドレナリン、ドーパミンが次々と神経伝達物質として神経線維を介して、全身に伝達されます。

夜眠る前は思考がほとんど作動しないのに、朝になると脳がスッキリした気がして、作業がはかどる経験がありますよね。

夜自宅に帰って、少しでもパソコン作業したいなって思うのですが、いざパソコンを開いてみると、思考も止まってるし、言葉が全然生まれてこない。仕方がなく、「もう寝た方がいいな」と思って、寝ることがあります。
悪い習慣で、寝る間を惜しんで作業したいという自己満足パターンが脳に出てきて、寝る前に作業したくてもできないと、ショックなのですが、朝起きると全然スッキリしていると思うことがよくあります。

セロトニンが日中に体内に神経伝達され、ノルアドレナリン、ドーパミンもセロトニンに反応しているからだったのです。

これらは前述したようにモノアミン系のタンパク質が元素となっていますが、神経伝達の頻度が、一度反応すると、放置しても持続的に何度も神経の発火が起こるようです。

セロトニンが日中に体内に十分に確保できないのは、1日の生産性を低下させるので、セロトニンは太陽の光とともに高めておきたいですよね。

うつ病にかかると、改善に時間がかかるのは、モノアミン系神経伝達物質が神経の興奮を何もしなくても反応してきただけに、それができないのは体内状態が非効率だからです。

うつ病で朝動けない症状を改善するには、朝と夜の切り替えを習慣にしよう

うつ病で朝動けない症状を改善するには、セロトニン分泌を高めるとともに、睡眠ホルモンであるメラトニン分泌をバランスよく機能させる生活習慣を作っていきましょう。

覚醒と睡眠は人間を含めたすべての生物で、生産性を高めて生命システムを保持するために欠かせない細胞の運動です。

覚醒と睡眠は、自律神経系のバランスによって機能し、脳内の感情、情動、認知、注意などの無意識的な神経的な反応と大脳皮質が関与する高次脳と言われる脳の部位が脳の全体的な神経系の働きが必要なので、崩れやすいのです。

あなたの未来に手に入れたい理想的な空間を想像できないとか想像できてもそれが手に入るまで行動を戦略的に継続できないなども覚醒の機能が適切でないからです。

覚醒は、RAS(網様体賦活系)という脳幹の働きで脳全体を活動すると言われ、40代女性が人生の不満を自分が納得できるRAS(網様体賦活系)の活動とは?RAS(網様体賦活系)で潜在意識の情報が40代女性の現実世界の幸福か不幸かを選択しているの記事で詳しく書いてます。また見ておいてください。

セロトニンはお昼間の生活リズム、メラトニンは睡眠中のホルモンですが、入眠中は外界からの刺激に何も応じない状態ですので、私たちにできるのは、入眠前にできる室内環境、身体とメンタルの習慣を作ることです。

夜はメラトニン分泌の促進するために室内を関節照明に

メラトニンホルモンは、松果体が暗闇を感知すると分泌されます。
松果体は哺乳類由来のDNAの構造となるタンパク質の基礎ペプチドを生み出す脳の部位です。

松果体は脳科学でもあまり研究されていない部位で、17世紀に哲学者のデカルトが松果体を中心に身体と精神を分けたことで有名です。

松果体は鳥にも発達しており、鳥は太陽が沈んで空が暗くなるとすぐに松果体が反応しメラトニンを分泌します。
鳥たちは、日が暮れる前までセロトニンによって元気に飛び回ってますが、メラトニンが分泌されると木の枝と葉っぱの間に身を置き、メラトニンの作用で睡眠に入ります。

このような事例からメラトニンは、暗闇を環境内に設定する、身体を休めるような体勢にすることです。

  • 夕食後お風呂に入って上がった後、リビングの照明を間接照明にする
  • 睡眠2時間前は硬いリビングの床で横向き姿勢と取る

お風呂に週何回入るのが、女性の体内の神経系を活性化するのかを書いた記事が、お風呂に週何回入ればいい?毎日入る習慣は間違っていたです。あなたに合ったお風呂の回数をこの記事を読んで参考にしてください。

お風呂の後、すぐに寝室で過ごすよりもリビングで間接照明にして過ごすと松果体が反応しやすいです。
私の経験から言えるのですが、セロトニンからメラトニンにスイッチする瞬間にベッドに入ると、入眠がスムーズです。

リビングの部屋の照明は暗くし、テレビは音量を小さくして流してるおいてもいいです。
メラトニンがセロトニンに完全に切り替わるまでセロトニンが覚醒を維持させているので、いつもテレビをつけているなら流しておいてもいいと思います。

間接照明にし、音量を小さくしてテレビは流しておく。
メラトニン分泌が促進され、睡眠の準備が脳内と体内でできたと感じるまでは、リビングで横向きになってリラックスをしておきます。

スマホでネットを寝る前に見ると、スマホの光でメラトニンが抑制され、不眠症になりやすい仮説もありますが、間接照明のリビングでは良いと思います。
スマホで眠る前に覚醒が落ちている状態で、適当にスマホでネットニュースやフォローしているブログをチェックする、SNS(Twitter、Instagram)を見るのも脳をリラックスさせてくれます。

姿勢は床に横向きになるなら、その日に身体が求めている気持ちいい姿勢を取るようにします。

横向き姿勢
あお向け
うつ伏せ
横向き

メラトニンは鳥たちの行為を見ると分かるように、リビングを間接照明にし、姿勢を横向きにすると分泌されやすいので、実践してみてください。

朝は夜明け前にアラームをかけ起きる

セロトニンが神経伝達物質として神経系を伝達して全身の受容体に伝わるには、夜明け前にアラームをかけて起きるのです。

目覚めたときに、太陽が昇ってるとセロトニン神経の活性化のチャンスはその日は失います。
それぐらいセロトニン神経は、自然界の運動と相関関係を持ちますので、太陽が昇る前に目覚めると、セロトニン神経が活性化します。

太陽が昇る前に、目を覚まして自宅の外に出て、30〜40分ウォーキングをします。
徐々に太陽が昇ってくると、体内時計が太陽に合わせてリズムを作り、日が暮れた後のメラトニンもリズム運動を作ります。

朝目覚めるのタイミングを太陽が昇る前に設定することで、うつ病で朝身体が動けない症状も改善してきます。

まとめ:毎朝日光を浴びてセロトニン神経を活性化

うつ病が再発し朝身体が動けない症状が出てきているあなたに実践してもらいたいのが、毎朝太陽の光を身体に受け、セロトニン神経を活性化することです。

この記事は下記の内容で書かせて頂きました。

 

  • うつ病が朝起きるときに症状がひどい
  • 毎朝日光を浴びてセロトニン神経を活性化
  • セロトニン神経は朝の光に刺激が入りやすい(メラトニンとの切り替え)
  • うつ病の症状が出るのは朝が多い。

朝太陽の光を身体に浴びるとセロトニン神経がセロトニンを全身に伝達しますが、具体的に日常生活でできることは下記の2つです。

  • 夜はメラトニン分泌の促進するために室内を関節照明に
  • 朝は夜明け前にアラームをかけ起きる

ぜひ実践してみてくださいね。

takの出張パーソナルトレーニング
大阪堀江・新町にお住まいの方限定の出張パーソナルトレーニング

堀江・新町限定出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

上記以外にお住まいの女性の出張パーソナルトレーニング

takのメンタルトレーニング
takのメンタルメソッドでメンタルから改善したい女性向けのメンタルトレーニング

takのメンタルトレーニング

  • この記事を書いた人
アバター

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-うつ病, 女性の病気

Copyright© Sublime(サブライム)〜40代女性のための睡眠・呼吸・ホルモン・神経専門サイト〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.