パーソナルトレーニング 脂肪燃焼

[ 最新情報 ]脂肪燃焼メカニズムで最高にシャープなウエストを一ヶ月で作る方法

投稿日:2019年9月4日 更新日:

[ 最新情報 ]脂肪燃焼メカニズムを理解し失敗しない肉体美を一ヶ月で作る

脂肪燃焼メカニズムを理解して1ヶ月で肉体美を作る

48歳になった女性のあなたが気になってるのは、最近体型が丸くなってきたなと実感。運動も今まで何もしていないのでこれから始めるために知りたいのが脂肪燃焼させるメカニズムがどんなものか?ですよね。

このようなお悩みをこの記事では解説します。

わたしは大阪を中心に活動する女性限定で自宅出張スタイルでパーソナルトレーニングをするトレーナーのtakです。
パーソナルトレーニングキャリア21年で3万回以上のパーソナルセッションを経験してきましたので、あらゆる症例に対応できます。

この記事では、どうしてもからだの気になる部分の脂肪が取れなくてどうしようかと思っておられる女性向けの本質的な原理原則に基づく「脂肪燃焼メカニズム」を分かりやすく書いています。

運動と食事のバランス、つまり消費と摂取を考えると脂肪燃焼するように簡単にはいかないことを女性ならよく知っていますよね。

脂肪燃焼メカニズムこの記事によって1から理解してみてください。

すると、運動と食事は表層で、それ以外にあるというのをご理解してもらえると嬉しいです。

脂肪燃焼メカニズムは体内のすべての代謝の原点

これまで脂肪燃焼させるニーズにはほぼ向き合わず、体調が悪い症状の人などに内科的な部分、肩コリや腰痛などの症状の人整形外科的な部分、うつ病や不安障害の症状の人などの神経的な部分を中心に改善してきました。

脂肪はついていても、好きな食べ物を食べる方が幸せだよという価値意識にもとで「気にしなくていいよ」と言いながら脂肪を減らす悩みには向き合ってこなかったのです。

あるとき、脂肪が増えると肥満細胞となり、免疫がおかしくなり、脂肪にリンパ球が寄生しガンや膠原病(こうげんびょう)やリウマチなどの自己免疫の病気になってしまう医学的知識を得て、脂肪燃焼メカニズムを研究しました。

この記事では、これから脂肪燃焼をしたいと思ってるあなたにたった1ヶ月で脂肪燃焼の成果を出せるために知って欲しいメカニズムです。

わたしは、脂肪燃焼メカニズムを知って、それをお客さまに運動のフォームを実演していると、わたしも脂肪燃焼ができていたという実体験付きの根拠あるお話です。

1ヶ月であなたの脂肪燃焼を実感してもらいます。
限られた時間内で成果を出すことが本当の成果ですからね。

この記事を読んでわかること

  • 脂肪燃焼メカニズムが分かり、1ヶ月で脂肪が減る成果が出る
  • 脂肪燃焼メカニズムは、骨盤の運動で脳を刺激して脂肪燃焼酵素から脂肪燃焼できること
  • 食事回数を減らして空腹感を長く維持すると血糖値が低くなりグルカゴンによって脂肪燃焼が早くなる

1ヶ月で効果が出る脂肪燃焼メカニズムとは?

自分のからだが気になり始めたあなたが気になっているのは、からだに付いた脂肪がどのようにして燃焼するのかという知識ですよね。

脂肪燃焼させるにはどうするのかという情報であなたが知っているのは、おそらく有酸素運動をして脂肪を燃焼させるというものでしょうね。

有酸素運動は、ウォーキングやランニング、エアロバイクをして汗を流すような運動のイメージですよね。
昔は、有酸素運動をすれば脂肪燃焼ができたと言えましたが、さまざまな研究によって、ただ有酸素運動をするだけでは脂肪燃焼にはならないです。

有酸素運動だけでは、とても効率が悪く、時間を浪費した運動量によって脂肪燃焼をさせていくことになるのです。
運動量をひたすら増やすと、副作用に筋肉内に滞留される疲労物質である乳酸が放出されデメリットが多いのです。

乳酸は慢性炎症やうつ病にも関連すると言われているので、時間をかけた有酸素運動はやらないことです。

今回は、あなたにこれから脂肪燃焼して美しくなってあなた自身が納得できるからだを作っていく前に、脂肪燃焼メカニズムを知ってもらいます。

脂肪燃焼メカニズム

  • 皮膚接触で毛細血管を解放し副交感神経を活性化して視床下部ー下垂体を高める
  • 骨盤へのハンドリングで骨盤前傾ー後傾にリズミカルな運動で心拍数を上げて交感神経活性化しアドレナリン・ノルアドレナリンを分泌
  • ブドウ糖が消費し血糖値が低くなり空腹感が増強されグルカゴンが分泌
  • アドレナリン・ノルアドレナリンから脂肪燃焼ホルモンのアデポキネチックホルモンが分泌
  • アデポキネチックホルモンから脂肪分解酵素のリパーゼが胃と舌、膵臓(すいぞう)から作られる
  • リパーゼが脂肪細胞をグリセロールと遊離脂肪酸に分解し小腸と血中に運ばれる
  • 遊離脂肪酸が血中でLーカルニチンと結合し筋肉内のミトコンドリアに運ばれる
  • 姿勢コントロールを高める体幹の運動で酸素を消費し遊離脂肪酸はミトコンドリアで燃焼
  • コアトレーニングで全身運動でミトコンドリアで遊離脂肪酸を燃焼する機能を学習させる
  • 脂肪燃焼がいつも行なわれ、痩せ型体質を手に入れる

とても細かくわたしなりに基礎生理学を研究して脂肪燃焼メカニズムを今の段階で完成させました。

有酸素運動を20分やれば脂肪燃焼しますよと言っていた15年前とは全然違いますよね。
基礎生理学という学問は年々研究が深くなり、世界中の研究者が頑張ってくれているおかげで脂肪燃焼メカニズムもほぼ完成に近いところまで来ています。

脂肪燃焼に必要なのは、有酸素運動よりも酸素を使った姿勢筋に意識を向けて運動させることです。
運動というのは、汗をかく運動というよりも姿勢筋が働くからだの中心でできる運動を行ない、まずは脳内の意識を筋肉に向けさせておくことから始まります。

ここの運動があまくなると脂肪燃焼の準備が体内でできないと、酸素を運動に変換することができずに、筋肉に疲労だけがたまり効果が現れません。

今わたしが挙げた脂肪燃焼メカニズムでキーワードを最初に簡単にまとめておきます。

皮膚接触

皮膚接触は皮膚内の毛細血管が刺激によって解放されます。
毛細血管には視床下部に脊髄からニューロンを持ちオキシトシンを分泌させられます。

副交感神経を活性化

オキシトシンの分泌で視床下部が副交感神経にモードを変え、全身の筋肉がリラックスでき緊張が落ちます。
副交感神経は自律神経系ですが、副交感神経の逆にあるのが交感神経といいます。
脂肪燃焼させるには瞬時に副交感神経の逆の交感神経を活性化させるのが良いのでオキシトシンで最初に副交感神経を高めおくと、交感神経に切り替わりやすくなり、脂肪燃焼の効率が良くなります。

交感神経

交感神経が活性化するには、リズミカルな運動を一定時間繰り返されることです。
交感神経が高まると、ストレス状態となるので、アドレナリン・ノルアドレナリンが伝達されます。
アドレナリン・ノルアドレナリンはストレス効果からエネルギー消費を高めるホルモンを放出します。

脂肪燃焼ホルモンのアデポキネチックホルモン

ストレスから脂肪燃焼ホルモンのアデポキネチックホルモンが分泌され、体内は一気にエネルギー消費モードです。
アデポキネチックホルモンは短時間しか持たず、交感神経が活性化している状態だけに放出されます。

脂肪分解酵素のリパーゼ

アデポキネチックホルモンは脂肪燃焼酵素のリパーゼを分泌させます。
リパーゼは体内に主な三つの部位で作られます。

  • 唾液腺
  • 胃底部(主細胞、副細胞)
  • 膵臓(すいぞう)

食べることで脂肪が口に入り、食道ー胃に入ってくると舌と胃でつくられたリパーゼが分泌。
胃に脂肪が届くと、膵臓からのリパーゼが胃に分泌されて、脂肪はリパーゼの力で機械的に乳化(にゅうか)の状態になっていきます。

リパーゼが活性化しないと胃に届いた脂肪はうまく乳化されず、脂肪のまま小腸にいき、脂肪細胞にそのまま蓄積されていきます。

アドレナリン・ノルアドレナリンでリパーゼを活性化すると、現在まで蓄積されてきた脂肪までも分解していくのです。

血糖値とグルカゴン

血糖値が高くなると血中はブドウ糖は高濃度であるので血管がこわれるリスクを抑えるため膵臓のランゲルハンス島から作られたインスリンを血中に放出します。

インスリンはブドウ糖を抑えるので、脂肪燃焼も抑えられるうえに血管を守るためにブドウ糖は脂肪細胞に運ばれ、蓄積されます。

リズミカルな運動や1日1食によって空腹感を出しておくと、インスリンが抑えられ血糖値をコントロールするグルカゴンが放出されます。

このグルカゴンは脂肪細胞に刺激を与えて、脂肪燃焼を促してくれます。
ポイントは食事回数を減らして空腹感を1日の大半を作っておくことです。

遊離脂肪酸

リパーゼは、脂肪細胞を分解してくれる酵素ですが、食べることで胃に入ってきた脂肪だけでなく今まで蓄積してきた脂肪細胞まで分解してくれます。

蓄積された脂肪細胞は、リパーゼによって二つにかたちに分解します。

  • グリセロール
  • 遊離脂肪酸

蓄積された脂肪細胞がリパーゼの酵素の力によってグリセロールと遊離脂肪酸に分解されます。
グリセロールは血中に放出されると肝臓に運ばれ、ここから末梢に運ばれるためにリポタンパク脂質で作られた複合体分子によって血中内で運ばれます。

肝臓ではグリセロールがさらに分解され、遊離脂肪酸になったものは筋肉や脂肪細胞に運ばれ、再合成されます。
このタイミングで酸素を使った体幹を使った運動をすれば、遊離脂肪酸は筋肉で消費されますが、運動をしないと脂肪細胞に再合成され、また蓄積します。

Lーカルニチン

L-カルニチンは体内の脂肪が代謝される際に燃焼を促進させるビタミンのような分子でできたアミノ酸です。
L-カルニチンは、脂肪の代謝を促進させる誘導体といわれます。

人の体内で作られるので、必須アミノ酸ではありませんが、運動によって作られるのではないかといわれています。

ミトコンドリア

ミトコンドリアは筋肉の中にある酸素を消費して、炭水化物と脂肪を酸化して、炭酸ガスと水にする器官です。
脂肪燃焼メカニズムで重要なのは、酵素リパーゼを出して脂肪細胞を分解した後に血中に浮遊する遊離脂肪酸をミトコンドリアに取り込み炭酸ガスと水にさせる展開です。

ミトコンドリアは、好気性バクテリアと嫌気性細胞が共生の結果として発達したと言われる共生説が有力です。

好気性と嫌気性とは?

好気性;微生物のエネルギー代謝において酸素を必要とする性質や状態
嫌気性;微生物のエネルギー代謝で、分子状酸素を必要としない性質や状態

地球が誕生して大地の変動や火山の爆発などから無機質な細菌と有機的なイオンが海水に流れてそこで共生しミトコンドリアができたという説が有力です。

ミトコンドリアは酸素を取り込む機能が優れてるのとクレブスKrebs回路(クエン酸回路)が呼吸と連鎖されており、ATPというすぐに使えるエネルギーに変えられる特徴があります。

ATP(アデノシン三リン酸とは)?

生体内でエネルギーに値する物質。アデノシンに3つのリン酸がつながった複合分子。そのうちの端から2つが高エネルギーリン酸結合をしているため、加水分解されてリン酸が1つ取れてADP(アデノシン二リン酸)さらに1つ取れてAMP(アデノシン一リン酸)になるときに大きなエネルギーが解放される。各種の生命活動のエネルギーとして利用される。

ミトコンドリアが多い器官

代謝や輸送機能の活発な細胞にミトコンドリア量が多い

  • 肝細胞
  • 小腸
  • 腎臓の上皮細胞

ミトコンドリアに酸素を運動によって取り入れることができると、生命活動に使われるエネルギー代謝が始まるので、アンチエイジングになります。

脂肪燃焼はミトコンドリアに酸素を取り込む運動によって体内から代謝によって消費されなくなっていきます。

takのパーソナルトレーニングのお問い合わせ

脂肪を燃焼させるには空腹感から分泌されるグルカゴン

脂肪を燃焼させるには空腹感から分泌されるグルカゴン

空腹感を長くするとグルカゴンが脂肪燃焼させる

酸素を取り込む運動による脂肪燃焼はミトコンドリアが働き脂肪をエネルギーにして代謝をします。
酸素を使う運動だけが脂肪をエネルギーにするのかというとそうではありません。

食事回数を減らして空腹感が長く続くときに放出されるのがグルカゴンというホルモンです。
このグルカゴンは、膵臓のランゲルハンス島から作られるホルモンで、空腹感が続き、血糖値が低い状態が長く続くと生きるためのエネルギーを貯蔵されている脂肪から分解してくれます。

血糖値が低い状態と言われてもピンとこないと思いますが、わかりやすくいうと空腹感が生まれた状態が血糖値が低い状態だといえます。

空腹感が出てきたらあなたは耐えられないで何かを食べたいなんて思いその誘惑に負けてしまう状況もよくあるだろうと思います。

わたしもその昔、ボディビルダーや実践する筋肉量を増やすために1日7食を分けて食べる方法で空腹感がない状態の食物摂取をしていました。

食事回数をなるべく多くすると血中にブドウ糖とタンパク質がいつも放出されているから筋肉量が増えるという考え方です。

なので、それまでのわたしは空腹感のない生活を送っていたので空腹感が出ると耐えられずその頃のわたしは脂肪がからだにたくさん付いていました。

今は、1日1食を実践し、空腹感が長く続くという食事習慣を維持しています。
筋肉量を維持しながら脂肪だけを7キロ近く落とすことができたのです。

その根拠が、空腹感から貯蔵されたエネルギーを分解してくれるグルカゴンが分泌されているからです。

グルカゴンの主な機能は、

絶食、運動、ストレスに応じて貯蔵エネルギーを動員すること、です。

グルカゴンは、アドレナリンで作られた膵臓のホルモン。
貯蔵エネルギーは、脂肪細胞の中性脂肪にグルカゴンが作用し脂肪分解が起こり、肝臓でグリセロールにされて、血中に入りブドウ糖となって再合成されるのです。

または、肝臓で貯蔵されていたグリコーゲンがグルカゴンの作用で分解されて血中でブドウ糖になり、そのまま筋肉に運ばれて、筋肉を使うとエネルギー代謝が行なわれます。

グルカゴンの作用によって貯蔵されている脂肪が分解されますので、脂肪が体内から燃焼できるのです。

運動だけが脂肪燃焼メカニズムではなく、食事習慣を改善することからも脂肪を減らせます。
そのために、空腹感を長く続く日を作るようにしましょう。

1回の食事量を減らして1日3回食べていると、エネルギーが摂取される時間のタイミングが同じなのであまり効果がありません。

1日の食事回数を減らして、空腹感が長く続く時間を作ります。
わたしは日曜日以外は1日1食を3年以上続けていて、1度落ちた脂肪量は今のところまったく増えていないです。

食事回数を減らす食事生活にするのは、とてもメリットがあります。

  • 脂肪を摂取する量が減る
  • 空腹感で血糖値が低い状態でグルカゴンが分泌され貯蔵する脂肪が燃焼する

脂肪が摂取される脂肪プラスがなくなり、貯蔵されている脂肪がエネルギーに使われるので脂肪マイナスで、総合的に脂肪が減っていくシステムを作れます。

食事回数を1日2食か1食にし空腹感を長い時間以上維持しましょう。
やり始めのときは、空腹感に負けそうになりますが、貯蔵されているエネルギーが使われてからだが軽くなっていくのが感覚が良い人ならわかると思います。

あなたが感じる空腹感はだいたい嘘の空腹感で錯覚です。
ここで、多くの人は食べないとからだを壊してしまいそうな感覚になってしまい何かを口にしてしまうのですが、からだが調子悪くなるのは違う理由からなので食事回数を減らしても体調には何の問題もないですので安心してくださいね。

もし朝ごはんを抜けば昨日の晩御飯を摂取して血糖値が上がってから消化吸収され血糖値が下がり、その時間が次の12時のランチまで12時間空いています。
この間、血糖値が低い状態の空腹感が長く続いてますので、グルカゴンが分泌されています。
12時のランチまでグルカゴンが脂肪細胞の脂肪を分解しエネルギーに変えてくれています。

仕事でデスクワークをしているだけでグルカゴンが脂肪を燃焼してくれるならかなり効率的ですよね。
楽しくない単調な仕事であっても座ってるだけで脂肪が燃えているとわかったなら、嫌な仕事でも有意義な時間になりますよね。

わたしが以前書いた記事、女性が満腹なのに食べ続ける理由は?過剰な誘惑の安価で食べやすいファーストフードが原因女性が脳内の食欲コントロールで食事回数を減らして高カロリー食を食べなくて良くするドーパミン抑制方法で高カロリー食をテーマした内容があります。脂肪燃焼メカニズムをよく理解するために必要ですので読んでおいてくださいね。

脂肪を燃焼できないのはリズミカルな運動で脳を刺激してないから

ジムに来られているお客さまで入会した当初は毎日のように運動をし、最初は少し体重が減り、スマートな体型になったのにある時期からまったく効果が出なくなるケースがよくあります。

どうして最初しか効果が出ないのかというと、脂肪燃焼メカニズムを理解せず、ただ運動をしているからです。
脂肪燃焼の設定にからだが準備できていないのに、いつものように決められた運動をするので効果が出てこないのです。

運動を行なう前に脂肪燃焼モードにするために、からだのどこかのパーツをリズミカルな往復させる運動をしておくことです。

準備運動と同じ感覚でやってもらったらいいですが、特定の筋肉や関節を前ー後ろ、右ー左のように往復運動を繰り返しやっていきます。

回数はだいたい50回を2セットぐらいです。
さまざまな運動を弱くやるよりも、肩なら肩と決めて往復運動をしたほうが運動の感覚が脳に伝達されやすくなるのです。

この往復運動をすると、脳内にストレスがかかり、交感神経が活性化してアドレナリンとノルアドレナリンが伝達されます。
脂肪燃焼メカニズムは、脳内にストレスをかけ、往復運動によって心拍数と体温を上げておくのが重要です。

交感神経が活性化されると脂肪燃焼ホルモンのアデポキネチックホルモンが分泌

女性はもともと体温が低く、心拍数も少ないからだである場合が多いので、特に女性は運動の最初に行なう往復運動で交感神経を高めておくのが良いです。

自分でわかるぐらい心拍数が上がり、少し汗が出るぐらい体温が高くなるような運動の連続を行ないます。
心拍数が上がる運動をすると、脳内では自律神経系に交感神経が活性化し、脂肪燃焼ホルモンが放出されます。

このダイエットホルモンといわれるホルモンが、アデポキネチックホルモンといいます。
脳内に交感神経が作り出すアドレナリンやノルアドレナリンの成分に含まれてるのです。

まずは心拍数を上げる往復運動を行ない、アデポキネチックホルモンを放出させるとどんどん脂肪燃焼メカニズムが最高潮となっていきます。

あなたはこれから体型を美しくするために自分を磨く努力していくのですが、最初に単調な往復運動でからだにストレスをかけるところから始めるようにしてください。

ストレッチをしたり、いきなり腹筋運動をしたり、そんなことはしなくてもいいです。
優先的になるべきなのは、蓄積された脂肪を減らすことですので、脂肪燃焼を第一に考えた脳科学的な運動プログラムが必要です。

アデポキネチックは脂肪分解酵素のリパーゼを分泌させる

これから運動をしていくつもりのあなたに知っておいて欲しいのは、運動をした女性のほとんどが脂肪燃焼できずに終わっています。
その理由は、アデポキネチックホルモンが高まっていないで運動をするので、脂肪をエネルギーにしないで、ほぼブドウ糖をエネルギーにしてしまうからです。

糖質カットのダイエット理論が世の中に浸透しているので、ブドウ糖をエネルギーにするなら、脂肪燃焼も関係するように考えられるのですが、ブドウ糖と脂肪のエネルギーの活用は全然違うのです。

脂肪をエネルギーにしないで、ブドウ糖をたくさん使う運動は、嫌気性運動といい代謝システムとして副作用があり、乳酸という疲労物質を出すのです。

この乳酸はとてもからだを老化させてしまうため乳酸が体内に放出されたら、その日の夜の睡眠中に除去することが望ましいです。

そうでないとからだのすべての細胞の運動を弱くして、慢性炎症や慢性痛、慢性疲労を作り、あらゆる病気の原因となります。

乳酸が体内に放出されると、血液内の酸化物質と合成されて、末梢から中枢に戻っていく静脈に留まるようなシステムで、留まった部位の筋肉は硬くなり、腫れてきます。

筋トレをすると基礎代謝が上がるから痩せるといいますが、筋トレをしてからだの調子を壊す人もたくさんいるのです。
そこは知っておいてくださいね。筋トレをして筋肉量を増やすにも時間がかかりますし、筋肉は細胞なので遺伝的な要素があってどこまで筋肉量が増えるのかはわかりません。

基礎代謝を上げるダイエットより、日常生活で行なう運動で酸素を使えるようにして姿勢コントロールを高めてインナーマッスルでからだを使っていくのがより効果的です。

アデポキネチックホルモンで脂肪燃焼酵素のリパーゼが分泌されます。

リパーゼは、脂肪は水溶性でないので水に溶けませんので、脂肪が胃に入ってくると大きな固形のままです。
脂肪を分解するには胃の消化酵素である胃酸ではその機能がありません。

体内は優先的に消化吸収を進めていくという順序を自然環境によって身につけてきました。
消化器(胃腸など)は、脂肪よりも炭水化物やタンパク質の分解から進めていくのは胃酸によって分解できるかできないかでよくわかります。

脂肪は胃酸ではなく特別な内分泌腺である酵素を使って違う器官から胃に運んでこないとできないのです。
つまり、それだけ脂肪燃焼はこの過程を通らないと成果が出ないので、あなたのからだも40代になってから気になる体型になってきているのです。

リパーゼは、唾液腺、胃底部、膵臓で作られ、胃では脂肪を固形から乳化させる加水分解までを行ない、十二指腸と空腸上部で分解されます。
炭水化物とタンパク質は、胃で分解されますので、脂肪は分解が消化器の後半なのです。
脂肪の分解が消化器にとって最優先ではないので、消化不良を起こし、脂肪は代謝されず体内に残されやすいです。

脂肪がこのタイミングを逃すとそのまま固形のまま小腸に入ると内臓脂肪に変わってしまいます。
リパーゼは食事で脂肪を摂取したら、分泌されますが、貯蔵されている皮下脂肪にも分解する働きがあります。

アデポキネチックホルモンを放出する心拍数や体温を上げる運動をいかに最初に行なうかが大切なのがわかります。
わたしのパーソナルトレーニングは食事を抜いて受けて頂きますので、空腹感のままで運動を始めます。

膵臓で作られるグルカゴンによって貯蔵された脂肪も分解され、あらにアデポキネチックホルモンでリパーゼが出されると脂肪燃焼に効果がとても短期間で出てきます。

リパーゼは、脂肪細胞をグリセロールと遊離脂肪酸に分解し、グリセロールは主に脂肪細胞に再吸収し、遊離脂肪酸は筋肉に回り、筋活動に消費されるかそのときに筋活動がなければまた脂肪細胞に再吸収されます。

脂肪細胞は分子がとても大きいので、体内の分解に時間がかかりやすいですが、この分解の時間がかかりすぎると血液内で運搬が遅くなるとすぐに再吸収を選択します。

リパーゼで分解されたグリセロールと遊離脂肪酸は、リポタンパクという血中で運搬がしやすくする複合体分子(乳状脂粒)によって促されます。

リポタンパクとは?

トリアシルグリセロール(TG)やコレステロールエステル(CHO-ester)のような非常に疎水性の高い脂質を核として両親媒性の高い脂質(リン脂質やコレステロール)層で包んだ複合体分子(乳状脂粒)。
リポタンパクは、アポリポタンパク(Apo)と呼ばれるいくつかのタンパク質を含んでいる。

少し難しい生理学の言葉が出てきましたが、簡単にいいますと、脂肪は血液内で小さく分解されないと代謝には使用されないのです。

脂肪は分子が大きい=アデポキネチックホルモン→リパーゼ→リポタンパクで運搬→小腸→筋肉→脂肪の代謝

このリポタンパクはリパーゼの分泌によって豊富に出てきます。
リパーゼが脂肪燃焼には大きく関わり合っているわけですが、脂肪がリパーゼで分解されると、消化管や末梢の細胞にまで送られ、これも代謝によってからだに必要な脂質として組織を強くしてくれます。

ポイント

リパーゼで脂肪分解されて運ばれる器官

筋肉(エネルギー消費)
脂肪細胞(再合成→再吸収)
消化管(胃や腸など)
末梢血管
肝臓

リパーゼで分解された脂肪が運ばれる器官の内、運動のやり方によって筋肉に回せます。
脂肪細胞が分解されている間は血中にリパーゼによって全身に運ばれやすい分子となってますので、その間に運動を入れて、筋肉で代謝し脂肪を燃焼させることです。

遊離脂肪酸が筋肉の中のミトコンドリアで酸素を取り入れると代謝システムによって最速に燃焼してくれるのです。
この酸素を使った運動というのが、姿勢コントロールを使いながら、アウターマッスルをいっさい使わずにインナーマッスルだけを使った運動です。

姿勢コントロール学習運動で体幹の運動連鎖で酸素をエネルギーにして遊離脂肪酸を使う

心拍数や体温が上がる運動を入れて、アデポキネチックホルモンが放出されて脂肪燃焼酵素であるリパーゼが、唾液腺、胃底部、膵臓から出せると脂肪細胞がグリセロールと遊離脂肪酸に分解されています。

遊離脂肪酸だけが、酸素をエネルギーにして代謝システムに関与させると消費され、体内から脂肪がなくなります。

酸素をエネルギーできるには、酸素を取り込む機能がある組織がいるのですが、それがミトコンドリアといいます。
ミトコンドリアは細胞内に一つかならずあって、筋肉の細胞にミトコンドリアが一つずつあります。

よって筋肉を運動させるエネルギーを酸素にしてあげるとミトコンドリアを通じて脂肪燃焼できるようになります。

酸素を使う運動とはどのような運動なのか?

20回以上繰り返しても息が上がらない運動を酸素を使った運動です。
つまり、重い負荷を与える運動ではなく、ダンベルやバーベルを持った運動ではなく、自体重を使った運動が酸素を使っている運動です。

さらにわたしは酸素を使った運動を発展させて姿勢コントロール理論にして作りました

この姿勢コントロール理論は、わたしのパーソナルトレーニングの主な考え方に取り入れています。

重心を作りながら、姿勢を適切な位置にして、骨盤から頭までに付いている姿勢に関わってる筋肉をトレーナーの手によって運動を誘導させるのです。
トレーナーの手で運動を作っていくアプローチをハンドリングと言っています。

姿勢コントロールに関わってる筋肉

大胸筋
広背筋
脊柱起立筋
腹横筋
多裂筋
骨盤底筋
横隔膜
内外腹斜筋

これらの姿勢コントロールに関係する筋肉を脳ー脊髄でどんな入力と出力になっているのかを筋肉が付いている骨に位置を見ながらまっすぐのラインから外れているなら、その筋肉は姿勢コントロールに関与できていないのです。

姿勢が適切な状態でないからだは、アウターマッスルがメインに作動していますから、酸素を取り込む運動が簡単にできなくなっているのです。

わたし自身もそうですが、姿勢コントロールを意識すると最初はとてもきつく感じます。
変な部分の筋肉に力が入ったり、必要以上の緊張してしまったり、最初は疲れるのでそれでいいのかなと思うのですが、その内姿勢コントロールが自然にできるようになります。

この状態が、脳ー脊髄で姿勢を自然環境の重力や大地から情報を知覚できている設定なのです。

遊離脂肪酸を酸素を使ってエネルギーに変える運動は、姿勢を変化させていく体幹の運動を40分以上やると2、3回の運動で改善が出てきます。

運動というと大きな筋肉であるアウターマッスルを使って基礎代謝を上げるのが一番とされていますが、わたしのパーソナルトレーニングの経験で、アウターマッスルを使った運動ではあまり効果が出てきません。

血中に分解された遊離脂肪酸が酸素を取り込まないと脂肪燃焼が遅くなります。
姿勢を変化させる体幹の運動で、トレーナーをつけると筋肉が活動しているのかどうかを確認していけるとさらに効果が早いです。

筋肉が活動するのかは、筋肉が収縮している状態で代謝が起こりますので、体幹を運動させながら、筋肉が収縮しているかを確認してくれるトレーナーを見つけるのが脂肪燃焼効果に早くなります。

関連記事プロが直伝!パーソナルトレーナーを選ぶおすすめの絶対条件とは?

関連記事40代女性が運動で代謝が上がる体幹の動かし方とは?

コアトレーニングで筋肉内のミトコンドリアに酸素をエネルギーに変換する能力をつける

この章のキーワード;コアトレーニング、全身のコアトレーニングで酸素をエネルギー変換能力、日常動作で酸素を使う筋活動

姿勢を変化させる体幹の運動を筋肉の活動を確認しながらやっていくと、重心に体重を乗せることができ、骨盤が安定します。
軽く手を触れるだけで、どの動きにも運動で反応して付いてきてくれます。

この状態は、姿勢コントロールが脳ー脊髄で神経系が促通し運動学習できた反応です。

脂肪燃焼のために最後にやってもらいたいのは、全身を使っていくコアコントロールの運動をさせると効果はほぼ何年も維持されます。

コアトレーニングについては、コアトレーニングで痩せ型体質づくりで女性の魅力「永遠の美しさ」を手にいれようコア美人を目指そう|七回のコアトレーニングで永遠の美を手に入れる。に詳しく書いてますので、こちらの二つの記事を参考にされてくださいね。

まとめ;脂肪燃焼メカニズムは1日1食の空腹感と酸素を使ってインナーマッスルの運動

これから運動を始めるあなたに脂肪燃焼メカニズムをまとめていきます。

脂肪燃焼メカニズム

  • 皮膚接触で毛細血管を解放し副交感神経を活性化して視床下部ー下垂体を高める
  • 骨盤へのハンドリングで骨盤前傾ー後傾にリズミカルな運動で心拍数を上げて交感神経活性化しアドレナリン・ノルアドレナリンを分泌
  • ブドウ糖が消費し血糖値が低くなり空腹感が増強されグルカゴンが分泌
  • アドレナリン・ノルアドレナリンから脂肪燃焼ホルモンのアデポキネチックホルモンが分泌
  • アデポキネチックホルモンから脂肪分解酵素のリパーゼが胃と舌、膵臓(すいぞう)から作られる
  • リパーゼが脂肪細胞をグリセロールと遊離脂肪酸に分解し小腸と血中に運ばれる
  • 遊離脂肪酸が血中でLーカルニチンと結合し筋肉内のミトコンドリアに運ばれる
  • 姿勢コントロールを高める体幹の運動で酸素を消費し遊離脂肪酸はミトコンドリアで燃焼
  • コアトレーニングで全身運動でミトコンドリアで遊離脂肪酸を燃焼する機能を学習させる
  • 脂肪燃焼がいつも行なわれ、痩せ型体質を手に入れる
  • 空腹感
  • 姿勢を変化させる体幹の運動

空腹感を維持すると、血糖値が低くなり、貯蔵された脂肪細胞が膵臓から放出されるグルカゴンで燃焼します。

空腹感を作るには、食事回数を減らしましょう。
1日2食か理想は1日1食です。

わたしは1日1食を実践して3年以上が経っていますが、脂肪燃焼がグルカゴンでいつも起こっているので、脂肪が蓄積することがなくなりました。

脂肪燃焼メカニズムのもう一つは、姿勢を変化させる体幹の運動です。

5分間の骨盤の前傾ー後傾の運動を入れて心拍数と体温を上げると脳内で運動がストレスとなりアドレナリンとノルアドレナリンが放出されます。
アドレナリンやノルアドレナリンで脂肪燃焼酵素リパーゼが分泌され、脂肪細胞がグリセロールと遊離脂肪酸に分解します。

遊離脂肪酸が筋肉のミトコンドリアで酸素をエネルギーにした運動をすると脂肪は完全に消費されてなくなります。
そのためには、姿勢を変化させる体幹の運動を繰り返し行なうと2週間ぐらいで目に見えて脂肪燃焼した効果がわかってきますよ。

原意識を知るメンタルメソッドはこちらから

あなたは今も未来もこのままでは幸せになれません!

あなたに価値を与えて、幸せを追求し生きることの使命を高めます。

20年間のキャリアがあるパーソナルトレーナーとして、女性のお客さまを2万人以上見てきたtakが女性の感性と感情を脳科学にあてはめて見えてきた考え方を教えます。

今の仕事が面白くないと感じる女性

これから先の自分が見えない女性

欲しいものがあるのにお金がないから手に入れられてない女性

好きな仕事がしたいと思ってるけど何からしていいのかわからない女性

男性を好きになれず、結婚することに興味がない女性

面白いことがなくて生きてることがストレスになる

こんな女性に

親、学校、会社、友人から教えてもらった生き方ではあなたは絶対に幸せになれない。

女性に合った自己啓発やスピリチュアルな話は、本屋やネットに行けば、探し出せるけど、何かが違う・・
理解できるんだけど、生き方が変わらないから、現実も変わらない。

そんなうまくいかない経験がますますあなたらしさを失わせた生き方になっていく。

努力、我慢、継続、反省、計画、目標・・
これらは、社会というフィールドだけ通用する偏った女性を壊すルール。

あなたが生き方が変わらないのは、
あなた個人に合った脳のプログラムを使っていないから。

あなたの脳にはあなたなりの生き方のモデルが生まれたときからある!

そこに近づけるためのアプローチがメンタルトレーナーtakの個人セッションです。

takのセッションでお届けする考え方は、
どんなスクールに行っても聞けない話。

女性のための脳科学、幸せの概念、お金と仕事の関係性

これさえわかっておけば、あなたにとって

幸せになれ、人に喜ばれて価値あるお金が入り、知的欲求が高まり
あなたに与えられた有限な時間がストレスなく循環。

takメソッドを得ると、あなたがやっている今の実践での効果が右肩上がりに。

あなたの脳を書き換え、あなたから見える世界の見方のモデルチェンジで幸せに気づく脳科学とからだとこころをリンクさせる新メンタルメソッド

このメソッドは、脳科学に基づき、脳の学習経路を刺激して、自然反応であなたを変えることができます。

姿勢の美しい女性で難病を改善

女性を幸せにするための脳科学メソッドの内容

  • 世の中を作る物理的世界
  • 過去の自分の知り方
  • 時間空間の法則(未来→現実→過去)
  • 顕在意識と潜在意識
  • 苦痛系と快楽系のホルモンについて
  • 好きなことを仕事にする考え方

あなたはこれらを脳で書き換えないと、何をやっても幸せになれません。
あなたの脳で無理やりつながれた使えない知識を書き換えます。
すると、何もしなくてもからだから行動が変わっていく脳のシステムにしていきます。

この記事のライターのtakが行なうコアパーソナルトレーニング。
からだを美しくするために、脳を初期化するために、まずからだを調整し、大地と共有させておくことです。それを主にしたパーソナルトレーニングが次の記事で書いてありますので、ぜひご覧くださいね。

女性を美しくする コアパーソナルトレーニング

女性美しくパーソナルトレーニング 快刺激 触れる

女性美しいからだ 女性きれいになりたい願望

はじめて知った!女性が美しさは姿勢を発達時の運動をパーソナルトレーニングでセットアップ。


はじめて知った!女性が美しさは姿勢を発達時の運動をパーソナルトレーニングでセットアップ。

極秘情報!女性の美的は重力で。パーソナルトレーナーが皮ふと筋肉のセンサーを刺激。


極秘情報!女性の美的は重力で。パーソナルトレーナーが皮ふと筋肉のセンサーを刺激。

たくさんの女性が間違っている!女性が美しく痩せるには?ボディラインに垂直の感覚刺激で美しさを得る。


たくさんの女性が間違っている!女性が美しく痩せるには?ボディラインに垂直の感覚刺激で美しさを得る。

女性がジム通いでモチベーションの維持は日常をすべて忘れてストレス解消させる


決定的理由の発表!ジムに行って痩せても全然お腹のお肉は取れないのはストレス過多だった事実。

コア美人を目指そう|七回のコアトレーニングで永遠の美を手に入れる。


コア美人を目指そう|七回のコアパーソナルトレーニングで永遠の美を手に入れる。

コアトレーニングの効果は疲れにくい身体に|1日の質が120%になれる


コアの鍛え方と磨き方の修正。コアは発達時の姿勢を取り一番安定するポジションを探す。コアパーソナルトレーニングの価値。

女性が抱える猫背を姿勢改善で治す方法をベテランパーソナルトレーナーが紹介


知ったあなただけ得をする!姿勢改善で猫背のゆがみを早く治し代謝不良の原因を回復。

女性を最短で美しくする七回完結の出張パーソナルトレーニングのカリキュラム。


女性を最短で美しくする七回完結の出張パーソナルトレーニングのカリキュラム。

女性の体内リズムを整えよう。触覚刺激で副交感神経、オキシトシン、α波で姿勢を美に改善。


女性の体内リズムを整えよう。触覚刺激で副交感神経、オキシトシン、α波で姿勢を美に改善。

takのパーソナルトレーニングにご興味ある方はこちらから問い合わせください

トレーナーtakとお話をしてみませんか?
日常的な悩みをあなたから切断し、脳の無意識領域にガイドし、あなたがもっとも好きなことをあなたの中で気づきにさせていきます。
LINEでお友だち申請をして、トークで無料カウンセリング希望と書いてくださいね。

友だち追加

  • この記事を書いた人

tak

パーソナルトレーナーで20年。女性のクライアントに喜ばれる独自トレーニングを行なう。20年の経験を経て、もっと多くの女性に美しくなってもらいたいと欲し、独自の考え方をまとめる。からだを医学的に、哲学的に、発達学的に見る本質追究のトレーナー。

-パーソナルトレーニング, 脂肪燃焼

Copyright© 40代女性専門 出張パーソナルトレーナーtakのブログ。大阪・東京で活動。40代女性をコアから代謝アップ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.